>>
飲んでみはります?Made in Kyotoの"やさしい"ビール
この記事に登場するちーびずさん
林さん(一乗寺ブリュワリー)
林さん(一乗寺ブリュワリー)ビール造り15年目のビール職人。
横田さん(一乗寺ブリュワリー)
横田さん(一乗寺ブリュワリー)新しいビール開発にも積極的な、一乗寺ブリュワリーの未来を担う若きエース

美味しそう~なビールの画像に思わずクリックしちゃったそこのあなた!ビール、お好きですか?どんなビールが好きですか?

せっかく飲むなら、地元京都産の「やさしい」ビール、いかがでしょうか。

 

造り手二人

京都で一番小さな醸造所

左京区民の私にとっては御馴染みの、一乗寺ブリュワリー。

なんと、京都一小さな醸造所なんですって!

今年で6年目。ここで林さんと横田さん、二人の造り手が10種類ものビールを作っています。

 

顔の見える、信頼できる生産者と

ビールは定番であるスタウト(黒)やゴールデンエール(金)だけでなく、

「水尾の柚子ビール」や「城陽・青谷の梅ビール」など、

地元京都の素材を活かしたビールにも積極的に取り組まれています。

ume

林さん:「素材を選ぶ時は”安さ”ではなく、素材自体の質はもちろん、生産者とまずは直接会ってきちんと話せるかどうか、”信頼のもてる関係性”を一番大切にしています。」

顔の見える、温かいつながりの中で丁寧に造られているんですねー

聞いてるだけでも美味しそう!

yuzu

 

環境にも「やさしい」!

「水尾の柚子ビール」は、果汁をしぼった後の皮(ピール)を再利用しているとのこと。

横田さん:「放っておいたら恐らく産業廃棄物となるであろう、加工後の皮を仕入れてビールに加工しています。実は皮の部分は一番香りや苦味が詰まっていて、ビール醸造には最適なんです。」

いいですねー!これぞ「飲みながら、エコ!」

たくさん飲んでも罪悪感なさそうー、危ない危ない(笑)

 

身体にも「やさしい」!冷え性の方、必見ですよー。

大手メーカーは「金色のビール(ピルスナータイプ)」が主流で、「キンキンに冷やしてグイグイ飲む」スタイル。

逆に、クラフトビールは色が多種多様、適温も高めなので「色、香りなどを楽しみながら、ゆっくり味わう」スタイル。

なので、クラフトビールは必然的に飲む量が減るのと、急に冷えにくいという点で、身体にやさしいのです。

環境にも、自分の身体にもやさしいなんて、最高!

beer

それだけじゃない!みんなに、社会に「やさしい」!

しかし、一乗寺ブリュワリーのやさしさは、それだけにとどまりません!

そもそも醸造所を開業したきっかけは

「重い精神障害をもった人であっても, 地域社会の中で自分らしい生活を実現できるような、就労の場を創りたい」という思いから。

オーナーである医師・高木俊介さんが「ACT」と呼ばれる精神障害者のための訪問型支援を日本に初めて導入、実践する中で、「精神障害者が社会参加できる就労の場を地域の中につくること」の必要性を実感し、開業されました。

将来的には原料の大麦やホップを栽培する農園をもって、障害者の就労の場にしていきたいという大きなビジョンが。

やさしいビールは、こんなにも深い想いから生まれていたんですね!

直火

櫂入れのみ

こだわりの直火製法

ビール造りは昔ながらの直火醸造

常にかき混ぜる必要があるので手間ですが、原料の特徴を最大限に引き出すことができる醸造法なんですって。鍋底と鍋全体の間に温度に差ができることで、味に複雑味、奥行きがでます

あー、早く飲みたい!って、ここでは飲めないのですか!?ショックすぎる!

IMG_9402

で、一体どこに行けば飲める?樽買いも!?

ご安心ください。一乗寺ブリュワリーさんのビールはこちらで飲めますよー。

  • BEER PUB〝ICHI-YA”(一乗寺ブリュワリーがプロデュースするビアパブ、錦御幸町)
  • GASTRO PUB Tadg’s (ガストロパブ タイグ、木屋町)
  • 肉バル×自家製地ビール らんまん(先斗町)

ちょっとこだわりのホームパーティー、いかがですか?

個人的に一番オススメは、樽買い!10L!

醸造所での限定販売(10,800円)。ビールサーバーも無料で貸し出ししています。地域のお祭りや、お花見、ウェディングパーティーに人気だそう。

ちょっとこだわりのホームパーティー、いかがでしょうか?

自分にやさしくて、社会にも環境にも、未来にも「やさしい」ビール。大きなビジョンを掲げる一乗寺ブリュワリーを応援する一番の手段は・・・言うまでもありませんね。美味しく飲むこと!それに尽きます!

皆さん、いっぱい飲んで応援しましょう!乾杯!

 

 

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6068164 京都市左京区一乗寺出口町10-1
TEL:075-702-2002
岡田真実
by
石川で生まれ育ち、大学から京都へ。身体に優しいおいしいもの、お酒、祭りを求めてどこまでも。オーガニックな地域循環、コミュニティに興味あり。お産を機に、友人たちと畑と田んぼを始めました。時々マルシェも開催してます。
NPO法人場とつながりラボ home's vi スタッフ:https://www.homes-vi.org/