>>
2016年10月14日 | コミュニティカフェ
ロースイーツ、小さいお子さんも安心のオーガニック食材で!真楽菓(まらっか)
この記事に登場するちーびずさん
真栄田 栄子さん(真楽菓)
真栄田 栄子さん(真楽菓)ロースイーツを中心としたオーガニックな食を提供。京都大原野の店舗だけではなく、あちこちのマルシェやイベントに出かけてつながりを作っていっておられます。

オーガニックって、、

「オーガニック」って、男性の私からすると縁遠いものとか感じてしまうんですけど、友人に言わせるとアメリカではオーガニック専門のスーパーが人気だったり、当たり前の概念として定着しているようですね。

でも、このブログで取り上げた綾部上林のオーガニックビレッジについての記事への反響が大きかったことなんかを見ていると、日本、いや京都でも女性を中心に徐々に浸透してきているのを実感します。そんなこんなで、今日の記事は京都大原野でオーガニックな食をテーマに、「ココロとカラダに優しいたべもの」を提供しておられる、真楽菓さんについて!

 

京都大原野でオーガニックな食を

 

061a8330

 

京都大原野は洛西ニュータウンを抜けていった先に突然現れる自然豊かな一帯。真楽菓さんはこの一角に店を構え、小さいながらも明るい店内からは緑豊かな畑が広がる景色を見渡すことができます。

店主の真栄田さんはこのお店でロースイーツを中心にオーガニックな「食」を提供しておられます。ロースイーツとは読んで字の如し、生のお菓子。素材に使っているのはナッツや果物で、非加熱で仕上げます。

 

非加熱というので、生々しいスイーツを想像してしまいますが、

ケーキとか、、

061a8352

ドーナッツとか、、

061a8375

どれも、普通に熱を加えたような仕上がり。美味しそう。。。

ケーキは大人の事情によりいただくことはできませんでしたが(嘘です。ただ無理を言って撮影させていただいただけです。)、ドーナッツを食しました。もちもちして美味しい。そして意外としっかりした味なのに後味さっぱり。確かにオーガニックってこういうイメージですね。食材を前面に出してその良さを伝えようとする作り手側の意図が伝わります。

 

何より驚いたのは、、、、

がんもバーガー

061a8358

余計な脂分・水分を取ったがんもがええ味出しとる。。。コレは確かにヘルシーだわ。。

 

 

真栄田さんの取り組み

真栄田さんがオーガニックな「食」への取り組みを始められたのは妊娠がきっかけ。ご自身のアレルギーもあり、「食」を全面的に見直したそうです。料理する時に使う素材などを見直し、「安心安全」な食を追求してきた結果、現在の形になったのだとか。

「美味しい素材は何をしても美味しい」と語る通り、大原野のオーガニック野菜を中心に右京区、長岡京など周辺の各所から仕入れている素材の良さを前面に出したスイーツ、ランチなどが好評だそうです!

そんな真栄田さん、オーガニックマルシェ「まらっかマルシェ」を開催しておられます!「ココロとカラダ」が喜ぶ足裏マッサージ、お灸、レイキヒーリングやタロット占い、手相占いなどのヒーリングスペースもあり!緑が広がる大原野でゆっくり過ごすのもいいかも。こちらも是非チェックしてみてください!

061a8365

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6101132 京都府京都市西京区大原野灰方町
TEL:080-4238-8198
営業時間11:00〜16:00
定休日: 日曜日 月曜日 火曜日 水曜日
真栄田 栄子
真栄田 栄子

ちーびず推進員メモ

by
いのうえと申します。二代目ちーびず推進員の一人ですが、推進員の中でも下っ端を自負しております。お仕事は幅広くデザインのことをかじっております。両親は九州と中国地方出身、私は京都府出身京都市在住。実は、遊牧民のような出自のせいか、京都府各地のことはよく知らないことばかりなのです。。。