薪ストーブのある暮らし、
「創エネ」を提案する電気屋さん

 環境創造アドバイザーで、京丹後市大宮町で薪ストーブの普及に取り組む川内さん。

 電気関連会社に勤務していた頃、「電気メーカーは、製品の節電・省エネは考えるけど、地球環境を考えるわけではない」ことに疑問を持ち、独立して「省エネ」でなく「創エネ」を実践する電気屋さんを開業。

 京都府面積の75%は森林。自然エネルギーに活かさない手はありません。放置山林は自然災害を助長するもとであり、また広葉樹は枝を切ったり手入れをせずに30年もするとガス交換の役目を果たさなくなるのだとか。

 「伐採は森林破壊ではありません。必要なときは手を入れる。化石燃料に頼らないことは平和維持活動にもつながるんですよ」と川内さん。

 薪を集めたり、個人の方から木の切り出しを頼まれることも多く、グループ作業で効率と安全に配慮。「切り出した薪はそのまま山で乾燥させて切ると、木屑がごみにならず自然に返ります。竹・松ぼっくり・杉の葉も焚き付けに利用できることを伝えます。地元エネルギーの循環を、ぜひ身近に見て体感して欲しいです」

 ちなみに、薪ストーブ愛好者のうち、環境意識から入る方は4割ですが、継続するのは趣味で楽しむ6割の方だそう。 「循環する暮らし」も楽しむことが重要ってことでしょうか。川内さんは薪割り機の貸し出しもされています。最近は特に薪割りを楽しむ女性も増えているそうです。

 

北部のちーびず拠点、与謝野町の「リフレかやの里」でもプラヂナー・インフィニティ施工の薪ストーブが使われています。
竹嶋貴代美
薪ストーブの煙突は延ばす方向が大事だそうですよ
ちーびず推進員 竹嶋貴代美

関連ちーびずさん

chii-information
〒6292523 京都府京丹後市大宮町三坂141-1
TEL:0772-68-0188
FAX:0772-68-0577
営業時間09:00〜18:00
定休日: 月曜日
Mail:mnnf1234@yahoo.co.jp
川内弘睦
川内弘睦