小水力発電で
電力の自給自足をめざす。
福知山市夜久野町の畑地区!
農業生産法人 有限会社やくの農業振興団
福知山市夜久野町
農業生産法人 有限会社やくの農業振興団

 大注目ですね、再生可能エネルギー。福知山市夜久野町畑地区は、過疎と言われる山間地域にあります。勾配が急で水量が豊富な谷川を活かして、小水力発電に取り組み、エネルギー循環で電力の自給自足を目指し、地域をあげてエコと防災の備えに取り組んでいます。

 きっかけは、やはり、東日本大震災。電力の地産地消の重要性に着目し、太陽光発電や風力発電を検討するなかで、「水」という地域の宝に着目されました。

 最初は自転車ホイールのリサイクルで作った簡単な水車を、各地区内の集落ごとに作って農業用水路に設置するなど四苦八苦。その後、工業高校や鉄工所などと知恵と力を合わせ、バッテリーに蓄電するしくみづくり。

 ここで起こした電源は、地元の椿祭りのライトアップや、元気なお母さんらが運営する地域の交流拠点「ななっこ」カフェで「水車コーヒー」として提供。

 この経験を元に規模を拡大し、地域の富久貴(ぶくみ)の滝の下流で取水。落差30m、250mの距離を直径15㎝のパイプが通ります。水は年中枯渇することがなく勢いよく流れ、2基のステンレス製水車を回転させ、約1.2キロワットの発電を続けバッテリーに充電。トラクターや電気ノコ・チェンソーなどを動かします。

 さらに、電気自動車の開発・製造会社「EVジャパン」(大阪府豊中市)と協力し、EVトラクター開発や一般家庭への供給を見据えて、地域の意欲的なチャレンジが続きます。

竹嶋貴代美
イザ!という時の携帯電話の充電から考えてみたいですね
ちーびず推進員 竹嶋貴代美

 

 

地域の拠点 ななっこ

地元女性らが運営するほっこりカフェ
 地元産のお米、野菜、山菜、などをたっぷり使ったおいしいごはん。その日その季節に合わせ、腕をふるって、お待ちしています。
 ヨモギ茶等、地元産材を生かしたほっこりメニューがいっぱいで~す!

関連ちーびずさん

chii-information
〒6291301 福知山市夜久野畑54 畑交流センター内
TEL:090-8526-7298
中島 俊則
中島 俊則