京丹波・竹野地区のコミュニティと野菜と元気、 米油ベースの「京都やさいおいる」

キラキラ、カラフル、大活躍!

 バジルおいる、鷹の爪おいる(辛とうがらし)、九条ねぎおいる、万願寺おいる(甘とうがらし)。並べて置いていると、綺麗な色、透明感のあるオイルはキラキラしてそれだけでキッチンが明るくなります。

 ドレッシング、炒め物、回しかけて風味付け、パンに付けて食べたりと大活躍。京都・丹波食彩の工房に拠点を置く株式会社京都ものがたりが、京丹波町・竹野地区とタイアップし、高齢化の進む地域

を元気にしたいとの思いを込めて製造しています。

 

京の食6次産業化コンテスト最優秀賞

 2016年度の京都府主催、6次産業化コンテストで最優秀賞も受賞。はじまりはNPO法人京都女性起業家協議会。府内女性たちの農業、農産加工品の販路開拓や商品開発を支援して女性のネットワークを構築。

 さらに「生産者の隣で野菜の加工」&「6次産業化」を目指して、竹野地区とマッチング。

 「求めていた両方を叶えてくれると感じたのが、この竹野だったので、まずは地域の人と仲良くなりたいと思いました」と閔(ミン)さんが移住し農業にも着手。毎週木曜日の高齢者サロンなど地域の集

まりにも積極的に参加。

 韓国出身の閔さんは、外から目線、若者目線、女子目線で、今では京丹波地域活性化のキーパーソンに。

 

「バジルって、何?」

 甲斐あって、今では14軒の農家の畑で1500株以上のバジル、3000株のニンニクが育っています。最初は、「バジルって何?」「どうやって作る?」「これって食べるモノ?」からのスタートでしたが、「今では新商品に向けて『パクチー』の栽培もはじまりました」と篠原さん。地元での定期的な試食販売会も好評で、お使い物にしたいとまとめて買われる方も多く、まさに「地域ぐるみのちーびず」です!

 

アクティブ女子パワーの「京都やさいおいる」

 野菜の栽培やデパートなどでの販売にパワーをくれるのが、竹野活性化委員会の女子たち。高齢者サロン立ち上げメンバーの瀧村咲子さんは元ケアマネージャー。「高齢者が安心しておしゃべりできるスペースができれば、外に出かけられるでしょ。けど、出かけられない人も元気になってもらいたい」と、常に地域を気遣いつつ新しいことにも積極的にチャレンジされて、とても頼れるお姉様。ちなみに、鷹の爪おいるを毎日食パンに付けて食べるのが、とてもお気に入りだとか。えぇーっ…ですが、この鷹の爪おいる、特に女性のリピーター率が一番高いんですって。アクティブ女子パワーの源は、こんなところにもあるのでしょうか。

 今後の展開にも目が離せない「京都やさいおいる」です。

 

渡辺 典子
野菜の香りと米油の甘みは野菜とも肉とも相性◎!
ちーびず推進員 渡辺 典子

関連ちーびず製品

関連ちーびずさん

chii-information
〒6220224 京都府京丹波町高岡嶋田23
TEL:050-5216-5665
篠原 美佐子
篠原 美佐子