現地に来てもらう「ちーたび」 (地元ガイドの交流まちあるき)企画実践を支援!

~ちーびずのファンや仲間を増やすために、現地に来てもらって、実際に体験してもらって思いを伝えましょう~

 「ちーたび」は、地域づくりとして、残したいもの、伝えたいこと(地域文化、資源、活動、産業等)を、自分たちでガイドして伝える小さな「旅」です。

ちーたびの3ポイント

point1:地元ガイド付きで有料・・(仕事にする、継続を目指す)
point2:伝えたいことを体験・体感してもらう・・(趣旨をしっかり伝える)
point3:地元と参加者が全員発言する「交流タイム」がある・・(人と人とのつながりをつくる)

 

一般的な開催概要

主催
ちーびず事業者、グループ、ちーびず推進員など

所要時間
2時間半~3時間
(昼食体験の有無やテーマ、参加者のニーズも踏まえて設定してください)

参加費
2,000円程度 (飲食・体験の実費のほか、ガイド料や運営費を考慮しつつ、集客できる価格設定してください)

定員
15名程度 (大人数では思いが伝わりません)

スケジュール
1. 趣旨説明、取り組み紹介(15分~30分)
2. 体験、体感、まちあるき(1時間~1時間半)
3. 参加者自己紹介・カフェ・交流タイム(1時間)

ちーびず推進員の支援
初期段階は、ちーたび企画、チラシ作成、実践を支援します。
参加したい方への支援として、お友達やグループ、研修旅行など、
これまでに実施したちーたびを中心に、オリジナルで日程や内容を調整することも可能です。
お気軽にご相談ください。

詳しくは

 

最近のちーたび

ちーたび事例1
短歌ちーたび~間人(たいざ)の里で短歌づくり・京丹後市~
〈 主催:TANGOくりえいと夢 〉

催行
平成29年6月

参加人数
12名

参加費
2,000円

内容
地域の歴史・古墳等についてのお話→短歌づくり
→短歌鑑賞&披露
→地域拠点・喫茶ブルータンゴでお話と交流会

GUIDE

 

 

 

ちーたび事例2
美味しい野菜を食べて 美しい阿蘇海を!
~昭和40年頃の味探訪シリーズ第6弾~食品添加物について考えよう・宮津市
〈 主催:認定NPO法人ブルーシー阿蘇 〉

催行
平成30年3月

参加人数
8名

参加費
1,200円

内容
食品添加物についてのお話
→「エコの環」畑の見学
→食品添加物を控えた料理教室
→試食・交流タイム食生活改善推進委員青木 伸代さん
※「エコの環」野菜は、生ごみ発酵肥料を活用した地域循環野菜。「循環」カタログ参照。

GUIDE