森の恵み、京北産精油でアロマ体験 〜京都ちーびずワークショップ交流会から〜

豊かな里山を孫たちへ

 アロマ=芳香・セラピー=療法。植物の持つパワーでリラックス。呼吸が深くなり安眠にもつながる。抗菌や防虫、消臭にも期待…自然ってすごいですね。京都市のまちなかから約1時間、右京区京北でアロマ精油を生産する『(株)K・Kファーム』。社長は山や自然を孫たちのために残したいと活動をする村山寛さんです。最近では製品とともに、その製造方法についても注目されています。

 

 

精油の魅力と活用を知るワークショップ

 講師は『aromaticきょうと』アロマセラピスト、田中智子さん。K・Kファームの精油の魅力を深く知る実践者です。まずは、アロマスプレー。好みの精油と精製水などを混ぜて…。

 また、アロマボディパウダーは、お風呂上りに人気です。お風呂上がりにポンポンはたいて就寝。嗅覚ってすごいですね、安眠が約束された気がします。肌に触れるものですが、アロマセラピストのアドバイスの元、安心して作業が進みます。そして、会場にはいい香りが広がります。

  

 

スタートは杉の石鹸、そして精油へ

 木を燃やすと油が落ちる。これを何かに使えないものか? 石鹸? そんなスタートから、植物のパワーを生かした精油へたどり着いたのは、人とのつながり。知人から聞いた精油の抽出。スギ(京北)だけではなく、クロモジ(京北、舞鶴、宮津)、ひのき(京都)、柚子(水尾)など京都府内産の材料から生み出される精油は、『水蒸気蒸留法』という製法で、長い長い時間をかけて採取されます。ごくわずかの油は精油、水の部分はフローラルウォーターとして製品になります。さらに精製に使った後の杉の葉は、土壌菌を加え腐葉土にして畑の肥料にされています。エコで、地域と人の思いが詰まった製品です。

 参加者の方からも「お話がとっても分かりやすかった。楽しい~」という声が。田中さんの納得のレクチャーと、村山さんの京北の資源を活用した山を守る活動のお話。京都産の本物のアロマに触れる事ができました。現地の工場見学も人気です。京北へ、ぜひおでかけください。

 

 

竹嶋貴代美
工房体験ツアーはメニュー盛りだくさんで、京北の自然が楽しめます。
ちーびず推進員 竹嶋貴代美

関連ちーびずさん

chii-information
〒6010271 京都市右京区京北熊田町新田50
TEL:075-852-1668
FAX:075-852-0804
Mail:suginosei@gmail.com
村山 寛
村山 寛