宮津市「マ・ルート」ピクニックカフェ、みんなが笑顔になれる場所

美しい宮津湾と天橋立を眺めながら、ピクニック!

青い海と広々とした芝生の広場。海沿いのリゾートホテルと見間違う「Ma.RooTs(マ・ルート)」は、社会福祉法人みねやま福祉会が運営する複合施設。「Ma」は、フランス語で「私の」。「RooTs」は、「根源」「結びつき」「ふるさと」で、人と人を結びつける「ごちゃまぜ」の根源。病気や障がいがある人も、子どもも、大人も、お年よりも、地域のいろいろな人たちがつどい、誰もが主役になれる居場所です。

 

ピクニックカフェ・TEO–TORI(テオトリ)とキッチンカー

「TEO−TORIは、誰もが自分らしくいられる『ごちゃまぜ空間』のカフェで、人と人とが支え合い、テオトリアッテいる姿を目指したネーミングなんですよ」と稲穂さん。さらに外には、かわいいフォルムとそら色が目を引くキッチンカーが。

「地域へも積極的にお出かけしようと導入しました。いずれは、あちこち出動予定ですが、ここの景観や緑の芝の空間も味わって欲しいので、まずはこの敷地でオープンして、ピクニック気分を味わってもらっています。」

ピクニックランチとこだわりコーヒーと釣りも楽しめる!

キッチンカーで販売される、ピクニックセット。まん丸鶏団子の最中サンドは、斬新です。野菜のうまみを活かしたカラダも喜ぶやさしい味の野菜スープとおむすび。鶏団子は小麦粉・牛乳・卵不使用で、アレルギーでお悩みの方もお子さんでも、

安心して食べられます。 地域とのつながりや、安心して食べて欲しいとの思いを、かわいいイラストでも紹介。ランチはラグを囲んで座ってもよし、テーブルを囲んでいただいてもよし、お気に入りの場所を見つけて外でも楽しめます。

そして、宮津湾や天橋立を臨むバツグンのロケーションと、「ごちゃまぜ」をイメージして、城崎珈琲焙煎所でローストブレンドされたのが、これまた、こだわりのご当地珈琲。さらに発見!海に突き出す釣りスペースは、船着き場を活用したもの。透き通る海中で泳ぐ魚は水族館さながら。けど釣り糸をたれても、そう簡単には釣れないとか。リフレッシュ&癒やしのスポット、とてもオススメです。

蒲田充弘
コーヒーはプレスポットで提供されるのでたっぷりゆっくり楽しめます。
ちーびず推進員 蒲田充弘

 

関連ちーびずさん

chii-information
〒6260061 京都府宮津市波路峠ノ浜716番地の3
TEL:0772-20-1150
FAX:0772-20-1154
定休日: 日曜日 祝祭日
稲穂 三和子
稲穂 三和子