女子は注目しちゃう、丹後ちりめんのキュートな風呂敷&ポーチ!

ステキ女子は、 伝統文化をオシャレに

 3月に発行した、ちーびずカタログNo.7「京都府庁女子のちーびずギフト48選」では、丹後ちりめんのキュートなポーチが表紙を飾りました。300年の伝統を持ちつつ、イマドキのニーズを捉えた、和にも洋にも合うラインナップが女子たちの目にとまり、きものは高価でも小物だと手に取りやすく、ハレの日だけでなく日常カバンに忍ばせるだけで、アクティブな京都女子たちも乙女心が顔を出すようです。

 

世界唯一の 丹後オリジナル素材 「ポリちり」を活用

 一色テキスタイルは、昭和40年に撚糸業・糸販売業として創業。きもの人口が減少しつつある中で、「和服の文化は丹後で継承しなくては」という使命感のもと、約10年前からオリジナル商品を製造開始。素材は「ポリちり」と言われるポリエステルの丹後ちりめん。
 ポリちりは、洋服が日常となる昭和45年ごろ、当時最先端だったポリエステルを使用し、ファッション分野への進展を目指して丹後地域で開発されたオリジナルの服地。しなやかで光沢があり、ハリとコシ、ドレープ性といった絹の風合いをそのまま残し、絹よりも安価で手入れも楽という画期的な生地です。

 

丹後ちりめんを 日常使い

   

  「一色ちりめん」は、「日常使いの丹後ちりめん」をコンセプトにしたポリちりの製品。「一世代前には、中高年女性の“お出かけ着”として、ポリちりの “テロン”としたオシャレなワンピースやスーツが人気でした。最近は和小物の製造が中心。きものにはちょっと大胆な色使いでも、小物だと色の鮮やかさやオシャレ感が際立つようです」と一色佳世さん。女子の必需品でエコな風呂敷は、可愛い柄物だけでなくワンポイント刺繍のシックなものが意外と人気。用途もスカーフ、お弁当包み、パソコンカバーにと様々。丹後ちりめんのリボンの切り売りは珍しいので、イベントではとても人気とのこと。進化する伝統文化から目が離せません。

 

堤明日香
可愛い名刺入れ、がま口 ペンケース・判子入れ、 ちょっとテンション上がる♪
ちーびず推進員 堤明日香

関連ちーびずさん

chii-information
〒6292262 与謝郡与謝野町字岩滝739 番地
TEL:0772-46-2388
定休日: 土曜日 日曜日 祝祭日
一色 佳世
一色 佳世