元気に暮らすための失禁対策 〜京都ちーびずワークショップ交流会から

おむつ、排泄ケア。どんな印象を お持ちですか?

 「下の世話と聞くと、何となくする方もされる方も憂鬱になりませんか? 食べたら出るんですから(笑)生きるためには重要なテーマです。ならばぜひ、笑いながら話題にできる環境を作りたいですね。話すことで第三者が気づくこともあるんです。ひとりで悩む方をできるだけ減らしたいですね。」

 講師は(株)はいせつ総合研究所むつき庵・代表の浜田きよ子さん。介護・医療の分野では超がつくほど有名な方で、「おむつフィッター」制度を作った方と言えば、うなづく方も多いでしょう。

 排泄が気がかりになると、外出がおっくうになります。おむつを含めた福祉用具は、衰えた身体機能を手助けしますが、もっと前向きにとらえても良いものです。知ることで暮らしが、人生が、地域が元気になる気がします。人生死ぬまで現役でいられたら楽しいですね。

 

 

どちらが足を動かしやすいでしょう?

 テーマは失禁でしたが、参加された介護の専門家さんの質問などを受けて、おむつのことも、いろいろ伝授いただきました。「おむつの着用感は生活の質、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)にも関わってきます」という事で、医療介護のプロの参加も多く、自ら着用モデルにもなっていただき「即実践できる」と好評でした。

 さらに、京丹波町からご参加くださったNPO法人クローバー・サービス様。地域の利用者さんのためにより良い生活支援に取り組んでおられます。「むつき庵やおむつフィッターのことは知っていましたが、実際の疑問がぶつけられてすごく良かった」と嬉しい感想をいただき、このワークショップ終了後、その足でむつき庵を訪問。リフトの使い方も教わられたそうです。

 

  

 

おむつ約400種類を常時展示

 むつき庵では実際におむつに触れたり、相談もOKです。高額な出費だけがバリアフリーではない。そんな身近なことが学べるモデルルームとしても、むつき庵は必見です。ぜひ一度訪れてください。

竹嶋貴代美
大介護時代のヒントがいっぱいです。おむつカフェもぜひ。
ちーびず推進員 竹嶋貴代美

関連ちーびずさん

chii-information
〒6028123 京都市上京区下立売通黒門西入橋西2丁目648
TEL:075-8003-1122
営業時間10:00〜12:00営業時間13:00〜17:00
定休日: 日曜日 月曜日 火曜日 水曜日
浜田 きよ子
浜田 きよ子