京都丹後鉄道・丹後由良駅の駅カフェ ~焼きたてパン、スイーツでお出迎え

「お帰り~!」と声がかかる無人改札口 

 舞鶴と宮津を結ぶ丹鉄の丹後由良駅。その駅舎内のコミュニティカフェ。「赤毛のアンが大好きなんです」という日比さん。「ここが私のグリーンゲイブルズ」と、ランチやコーヒー、手づくりパンやスイーツを、焼きたて、できたて、おしゃべりもしながらおもてなし。明るくあったかい駅舎内です。

「おいしい!」と評判を得て借りたキッチン

 パンやお菓子づくりが大好きな日比さん。保険の仕事をしていた時、お客さんへのギフトとして手づくりスイーツを提供していたら、「おいしい!」と評判になって起業を決意。そこで出会ったのがこのキッチン。菓子製造の許可を取得して、2007年にケーキ販売を開始。すると、近所で江戸時代から続く伝統の酒蔵「ハクレイ酒造」のスイーツ部門立上げメンバーに抜てきされ一旦閉店。さらにその後お兄さんの介護で離職。ちょっと落ち着いた頃に地域の方に「またやってくれへんか」と請われて、2018年2月に駅舎カフェを再オープンされました。 

 

 

アツアツ蒸したて、 ホットなプリン!

  「息子がおいしいと言ったお菓子を作ってます」と、蒸しあがったのはアツアツのプリン。ガラス容器にす~っとスプーンを入れるとカラメルが上にあがってきて、卵のやわらかい味とほんのりカラメルの苦みで、懐かしい子どものころに食べた母の味。蒸したてに遭遇すれば食べられる温かいプリン。ぜひお試しを!

由良のオリーブオイルの試食も

 地元の方たちも御用達のランチは、日替わりとカレーとお蕎麦がメイン。取材日の日替わりはカニクリームコロッケの揚げたて、アツアツ、とろっとろ。地元「由良オリーブを育てる会」の宮津由良オリーブオイルがちっちゃなビーカーで登場。サラダ以外にもかけたい気分。  駅舎カフェといえば「ちょいのみ」も、もちろんOKです!  ポストカードや地元女子手づくりの丹後ちりめん小物もあって、新作ゲットを楽しみにするファンもいます。さあ、丹鉄に乗って、お出かけしよう「アン・シャーリー」! 

関連ちーびずさん

chii-information
〒6260071 宮津市由良2048 -2 丹後由良駅舎内
TEL:090-1484-7816
営業時間11:00〜17:00
日比 道栄
日比 道栄