京都・山城の地元食材にこだわるカフェ「人と木」プロデュース。 山城のねぎとコラボした「○(まる)むらさき」

そこでしか取れへんもんを、その場所で食べる、それが一番美味しい

 「地(山城)のものってね、ここで食べたら、収穫してすぐなんですよ。そしたら、そんなに手ェ加えやんでもね、ゆがくとか、焼くとか、煮るとか、そんなもんでね十分美味しいんですわ。素材が美味しけりゃ美味しいやろっていうことです」

 木津川市で人気のギャラリーカフェ「人と木」の森田雄巳さん。地元の契約農家からカフェ用に野菜やお米を作ってもらい食材に使用。四季折々、新鮮で体にやさしい旬の料理が味わえます。

 

「山城のねぎ」と出会ってプロデュースした「○むらさき」

 森田さんが「山城の野菜、食材をもっと普及する会」で出会った同町、秋田農園の「山城のねぎ」。京野菜の九条ねぎを超える山城産のねぎを作っていきたいという秋田さんの強い思いに惹かれ、自分がおいしいと納得いくまで試作を重ねて誕生したのが、出汁醤油に山城のねぎを入れた「○むらさき」です。

 「京都・山城の水と土と森そして人には物語がある」、それを『山城ものがたり』という。大地の恵み「山城のねぎ」と「人」が出会い、〇むらさきが誕生した。」と、パッケージにもこだわりを掲載。お味はカフェのランチで、ぜひ、お確かめください。

 

ひたむきに、青ねぎ一筋。秋田農園の「京 山城のねぎ」

主役になれる「青ねぎ」を目指して

 「根付きで販売。生はもちろん、火を通しても、香りと味をしっかり楽しんで欲しい」

 自然と地下水に恵まれた山城地域木津川市。京野菜の九条ねぎではなく、地元山城ブランドの「山城のねぎ」として、地域の土や水の特徴を活かし、独特の青ねぎの香り、みずみずしいおいしさを追求。地元茶商「福寿園」の抹茶や番茶など、カテキンやビタミンを多く含む堆肥にもチャレンジ中で、地元がつながる地域ビジネスに期待大の若き農業者です。

 

堤明日香
ちーびずマルシェでも人気です。使い勝手が良く重宝します。
ちーびず推進員 堤明日香

関連ちーびず製品

関連ちーびずさん

chii-information
〒6190222 京都府木津川市相楽城の堀26
TEL:0774-71-0305
営業時間11:00〜18:00
定休日: 土曜日
森田
森田