京都ちーびず (地域力ビジネス)にチャレンジ!!

地域で楽しく暮らし続けるための、
「地域の支え合いちーびず」(ビジネス手法の地域活動)創出を支援!

延べ820件を超えるちーびずが創出

 京都府では、府民自身が力を合わせて、ビジネス的手法で、地域の仕事や雇用を生み出して地域課題の解決(まちづくり)を継続する取り組み=京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進中!
 元気な地域の女性たちを中心に、地域産業おこし、子育て支援、地域コミュニティ拠点カフェの運営など、延べ820件を超えるちーびずが、府内各地で創出されています。

 

例えば、地域で楽しく暮らし続けるための、支え合いビジネス

 例えば、高齢の方々が、買い物や食事、交通手段など、個人や家族だけではちょっと困った状況になったとき、行政などの福祉サービスに頼らなくても、地域の中で困った部分を少し支え合える仕組みがあれば、地域で楽しく暮らし続けられます。
 また、そのサービスは、有償だからこそ、気兼せずに若者にも働く人にも子育て中の人にも気軽に使えて、とても助かるサービスにもなります。

 一方、サービスを提供するのは、元気なリタイア世代や、家事・育児から少し解放された方々など、地域のためにアクティブに動ける、動きたいと思っていて、ちょっとした仕事になるならうれしいし、継続も可能という方々。地域の中で顔が見えるからこそ、支え合いビジネスも可能になります。

 

交付金に「地域の支え合い推進」メニューを新設

 

 地域高齢者や子育て世代の食を支えるサービス、お出かけや家事支援サービス、安否確認付き御用聞き、地域循環、防災の備えなど、地域を巻き込んだり、地域住民がお互いに暮らしを支え合いながら、継続的に活動できる新たな仕組み作りの立ち上げを支援します。