京都ちーびずレシピ[主食編]

乾燥野菜パンケーキ


色とりどりの乾燥野菜は見ているだけでもかわいくて、楽しい!

使用したちーびず製品 : 乾燥野菜(玉ねぎ、人参、大根、紫大根、こどもピーマン)

トッピングの乾燥野菜各種は水で戻し、軽く乾煎りして水分を飛ばす。生地は米粉パンケーキミックス粉100gに50ccの豆乳(または牛乳)、10ccの油を混ぜる。フライパンやホットプレートに生地を流して、乾燥野菜をのせ、両面をふんわり焼いたら出来上がり。

 

 

桑の葉パンケーキ


桑の葉の緑色がとってもきれいに出ます。

米粉パンケーキミックス粉85gに対して、桑の葉を使ったマルベリーティーを15gの割合で合わせ、50ccの豆乳(又は牛乳)、10ccの油を混ぜ、フライパンやホットプレートで両面をふんわり焼いたら出来上がり。お好みで、卵を入れてふんわり焼きたい場合は、水分量の調整が必要。

 

炊き込み梅しそごはん


梅干しと一緒に炊くことでお米が新米のように炊き上がります!

使用したちーびず製品 : 下大久保の梅干し

米を洗い、通常の水加減で炊飯器にセットしたら、1合あたり梅干し1個の割合で入れて炊飯する。炊き上がったら、いりごまを適量加え、下大久保の梅干しを細かくほぐしながらよく混ぜる。器に盛り、千切りにした大葉で彩りよく。ほどよい酸味が食べやすく、お茶漬けにもオススメ。

 

京風ガパオライス


黒豆がアクセントになり、食べごたえもあるワンプレートランチに!

使用したちーびず製品 : 乾燥野菜(こどもピーマン、大根・人参)

乾燥野菜(こどもピーマン、大根・人参)は水で戻し、丹波黒いり豆は5分ゆでて火から下ろし、膨らむまで湯の中に入れておく。オリーブ油、みじん切りしたニンニクで豚ミンチ肉を炒める。みじん切りした乾燥野菜、あらみじんのトマトを加え更に炒め、塩コショウ、塩にんにくサーディンソース食べる醤油で味を調える。ご飯と共に器に盛り、戻した黒いり豆をちらし、半熟の目玉焼きをのせて、かき混ぜて食べると美味しい。

 

アンチョビ海藻パスタ


今、大注目のスーパーフード「アカモク」を使った磯の香りのパスタはいかが?

使用したちーびず製品 : ◎アンチョビペースト ◎サーディンソース

米粉めん(もしくは市販のパスタ)は1/2人前ゆで、アカモクも適量ゆでておく。オリーブオイル、ニンニク、アンチョビペーストをフライパンで火にかけてゆでたパスタとアカモクを加え炒める。仕上げにサーディンソースと塩で味を調え、サラダ春菊を彩りに添える。

堤明日香
(株)エチエ農産レシピの 乾燥野菜(聖護院大根)で作る ”はりはり漬け”はご飯の お供に大人気!
ちーびず推進員 堤明日香