京都ちーびずプラザで好評! 「丹後の海のマルシェ」

丹後の 人気ちーびず製品 大集合!

 今年度、期間限定で開設している「京都ちーびずプラザ」で、丹後地域のちーびず推進員が、丹後の海・海の京都エリアの製品を中心とした「丹後の海のマルシェ」を、6~8月に3回開催し魅力をアピールしました。

 

 

売り切れ商品続出 嬉しい悲鳴です

 蒲田ちーびず推進員は、大人気定番製品の「丹後のばらずし(リフレかやの里)」「旬の地魚一夜干し(浜文商店)」「うみゃーねアジ(いーわーね)」他を出品。特に新製品、「舟屋せん 伊根そだち(いーわーね)」は「インスタ映えする~」と大人気。「いーわーね」は、土・日・月・祝祭日開店。現地へも足を伸ばしてみてください。

 平井ちーびず推進員おすすめ製品も続々。京丹後の女子グループ宇川加工所の「エゴマシフォンケーキ」、丹後の「アカモク」、「京の鯖缶詰(府立海洋高校)」、平井推進員の拠点レストこのしろからは数量限定の地元漁師手づくり「このしろ産ねりウニ」や「乾燥はば」。はば、という海藻をごはんと炊き込む地元では定番の「はばめし」。試食が功を奏し、知名度アップにつながりました。

 丹後だけではなく、舞鶴の岩崎ちーびず推進員からは、舞鶴市の万願寺地域で生まれた「万願寺甘とう」を販売。大型肉厚で甘く、タネが少ないのが特徴。また、約130年前に北前船で山口県の萩からやってきた「京・夏みかん(舞鶴夏みかんの会)」。しっかりブランドにしたいと、地元で活動をつないでいます。こちらも香りや強い酸味にファンも多く、両方とも早々に売り切れてしまいました。

 

 

嬉しいリピーター

 リビング新聞などで広報の甲斐あって、まとめ買いされる方も多く、お昼過ぎには売り切れ商品続出。うれしい悲鳴です。「南部に住んでいるので、丹後のもんはうれしい」などの声をかけてもらい、推進員にも楽しいひとときです。

 地域の魅力たっぷりの「ちーびず製品」を、たくさんの方々に普段使いしてもらい、地域や地域づくりをお互いに応援するシステムができるといいですね。

 

蒲田充弘
ちーびずのイベントでいつも大好評の商品が集結しました!
ちーびず推進員 蒲田充弘

関連ちーびず製品

伊根湾のアジをぽりぽり「うみゃーねアジ」(与謝野町)
chii-information
〒6260425 与謝野町伊根日出11
TEL:090-5659-3425
営業時間〜
定休日: 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
芦原 サカ江
芦原 サカ江
丁寧な手づくり「旬の地魚一夜干し」(宮津市)
chii-information
〒6260003 宮津市字漁師1615
TEL:0772-22-2695
定休日: 日曜日 祝祭日
日置 及ぶ代
日置 及ぶ代

関連ちーびずさん

chii-information
〒6270232 京都府京丹後市丹後町此代994
TEL:0772-76-0837
山本 ユミ
山本 ユミ