京焼・清水焼を普段づかい!〜京都ちーびずワークショップ交流会から〜

普段使いして初めてその魅力の全てが 実感できます

 テーブルコーディネートを通じて、京焼・清水焼の魅力に触れ、京都の伝統工芸品を気軽に使って欲しいと、ワークショップが開催されました。講師は「おきにのうつわ」。京焼・清水焼卸売業(株)和蘭の三谷幸史さんと、食空間コーディネーターの湯浅靖代さんの夫婦ユニット。京都の焼き物の魅力をセミナーなどを通じて発信しておられます。さらに三谷さんは、年に一度の清水焼の大陶器市、清水焼の郷まつりの実行委員長。ちーびずも、毎年タイアップして「ちーびずマルシェin清水焼の郷まつり」を開催し、盛り上げています。

 

 

都に伝わる和の技巧

 鮮やかな色彩に、細やかな筆使い。どれも素晴らしく、思わず目移りしてしまいます。平安京造成から作陶が行われ、茶の湯文化・貴族の日用品として重宝された京焼・清水焼。明治維新まで首都であったため、全国から様々な技術が集結しました。手作り、手描きが条件。オーダーメイドなど小回りの利いた器が作成しやすいことも特徴です。こういった京都の焼き物の中でも、特に清水寺周辺で作られたのが「清水焼」。「陶器(土もの)」と「磁器(石もの)」があり、原料や焼く温度の違いから堅さが違うので、陶器の上に磁器を重ねると傷がつくなど、扱いを知っていると普段使いしやすいですね。

 

 

私の気持ちをのせて

 テーブルコーディネートとは、どんな仕掛けや心がけをすれば良いのでしょうか。  「テーブルコーディネートはコミュニケーションツールです。食卓を素敵に演出することで、お料理は一層美味しくなりますし、会話も弾みますよね。お招きする相手のことを思いながらコーディネートをすることは、おもてなしの表現でもあるんです。また、旬の食材やお花、季節ごとの行事を取り入れることで、先人よりの伝統を子供達に伝えることもできるのです。大切なのは料理も装飾も無理せず、できる範囲で行うことです」と湯浅さん。

 配色や料理の盛り付け、器の形や質感で工夫できることがこんなにあるのかと感動しました。様々な京焼・清水焼を楽しみたくなる素敵な講座。参加の皆さん、真剣な様子で聴かれていて、これからたくさんの方を笑顔にされること、間違いありません。

 

 

井上 淳
ちーびずブログでは テーブルコーディネート 実践編を紹介しています。
ちーびず推進員 井上 淳

関連ちーびずさん

chii-information