お茶の京都、茶源郷和束の女子グループ、お茶に恋する~♪「煎茶ドレッシング」「緑茶ペースト」

ステキな茶畑の景観と、女子たちのまちおこし

「全然儲からへんねんけどね。私らの活動で町が元気になってくれたら」と語る代表の藤木優里香さん。  
総人口約4000人、山に囲まれた小さな町・和束町は、京都府内の茶葉生産量の半分以上を占める一大生産地。和束茶は全国有数の高級茶の1つに数えられています。
自慢の美味しいお茶と茶畑の景観で、たくさんの人たちをおもてなししたいと立ち上がったのが、町主催の起業家養成講座に参加した地元の女子たち。まちおこしの夢を語り合ううちに意気投合し、「何かやってみよう!」と、12年前に8名で『恋茶グループ』を結成。

 

「茶だんご三姉妹」「和束茶の佃煮」 楽しい人気商品

だんご三兄弟ならぬ「茶だんご三姉妹」は、煎茶、ほうじ茶、抹茶の味が楽しめる米粉の茶だんご。リーフクッキーも味4種類でサクサク。さらに、テレビ「めし友グランプリ」で近畿ナンバーワンとして話題になった、ごはんにベストマッチする「お茶の佃煮」などなど。さすが女子チーム、商品開発も楽しさいっぱい。更に、ほんのりとお茶の香りがして美味しいと人気の「抹茶コロッケ」も新登場!  
イベント出店中心に販売予定です。

 

お茶の佃煮アレンジから生まれた 「緑茶ペースト」 「煎茶ドレッシング」  

「フランスの方にお茶の佃煮をお出ししたんですけど、山椒がだめだったのか、お口に合わなかったんです。でも、なんとかおいしく食べてもらいたいと、急遽、オリーブオイルをかけたら、とてもまろやかな味わいになったんです。それが緑茶ペースト開発の第一歩でした」と藤木さん。そのペーストをお酢のアレンジでドレッシングにして、お弁当のサラダにかけたところ、「どこで売ってるの?」「おいしかった!」とお客様から大絶賛の声をいただいて商品化されたのが、煎茶ドレッシングです。おしゃべりも楽しい恋茶メンバー。和束の魅力が、女子力でどんどん広がっていきます。


恋茶グループの皆さん

 

堤明日香
緑茶ペーストは、マリネやパスタソース等、洋風の料理にも良く合います!
ちーびず推進員 堤明日香

関連ちーびずさん

chii-information
〒6191222 相楽郡和束町白栖大狭間35
TEL:0774-78-4180
FAX:0774-78-4180
定休日: 日曜日
恋茶グループ
恋茶グループ