>>
2019年03月07日 | 未分類
京都丹後鉄道・丹後由良駅カフェ「アン・シャーリー」~焼きたてパンやスイーツでお出迎え
この記事に登場するちーびずさん
日比 道栄(ひび みちえ)さん(Anne Shirley(アン・シャーリー))
日比 道栄(ひび みちえ)さん(Anne Shirley(アン・シャーリー))「いってらっしゃい!」「お帰りぃ~!」と、日比さんの呼びかけが、丹後由良駅を明るく活気づけています。手づくりの焼き立てパンやスイーツの香りに包まれる駅で、人と人とがつながります。

「お帰り~!」と声がかかる、無人改札口の元気カフェ

舞鶴と宮津を結ぶ京都丹後鉄道宮舞線の丹後由良駅。

単線・無人改札口の一角、2018年2月、駅舎内にコミュニティカフェがオープンしました。

  

こじんまりとした厨房と、改札口と、客席と。なんとも駅と一体化した駅カフェ アン・シャーリー。そこには、元気いっぱい女子が、手づくりパンやスイーツをつくり、焼きたて、できたてを販売しています!

「赤毛のアンが大好きなんです!」という日比道栄さん。「ここが私のグリーンゲーブルズ」と、料理を作ったり、コーヒーを提供したり、駅を利用する人とおしゃべりしたり。日比さんがいると、丹後由良駅がパ~っと明るくなります。

「おいしい!」と評判になって借りたキッチン

パンやお菓子を焼くのが大好きな日比さん。以前、保険の仕事をしている頃、「お客さんへのギフトに」と手づくりのパンや焼き菓子を持っていったら、「おいしい!」と評判に。

お菓子はいつも夜な夜な作って次の日の朝に持っていくパターン。自宅の台所を使っていましたが、そのうち注文まで入ってきたので、「ちゃんと許可をとらなければ!」と、場所を探すことに。

そこで出会ったのが、この丹後由良駅舎内のキッチン。賃貸料が自分の小遣いでなんとかなる!とそこを借りて、菓子製造の許可を取得。2007年からここでケーキ販売を開始。

そんな中、すぐ近くの、江戸時代から続く伝統の酒蔵「ハクレイ酒造」のスイーツ部門立上げメンバーに抜てきされ、一旦お店を閉じることにされました。さらにその後、お兄さんの介護で離職されたとのこと。

そして、いろいろ落ち着いた頃、地域の方に「またやってくれへんか?」と頼まれて、駅カフェとして再オープンされたそうです。

アツアツ焼きたて、ホットなプリン!

「息子がおいしいと言っていたお菓子を作ってるんです。」と日比さん。蒸し上がったばかりのアツアツのプリンは、10年前に息子さんがおいしいと言ってくれた思い出のレシピ。

昭和の時代のヨーグルト瓶に似た透明の耐熱容器に入った、プリン。す~っとスプンを入れるとカラメルが上にあがってくる。口に運ぶと甘さ控えめで、卵のやわらかいお味です。ほんのりとしたカラメルの苦みを感じる、懐かしい子どものころに食べた母の味。

温かいプリン、久しぶりに食べました。焼きたての時だけ、食べられる温かいプリン。仕上がり時間が決まっていたら、と思うのですが、オーブンと日比さんの調理のタイミングに合わせて出来上がります。タイミングがあえば、ぜひアツアツを食べてみてください!

ガトーショコラ、ウィンナーパン、カレーパン、定番の人気商品です。

 

   

 できたて!体にやさしい手づくりランチもあります

外食をする場所はここくらい、の丹後由良駅前。地元の方たちも御用達。ランチは日替わり、お蕎麦、カレーなど。

この日の日替わりランチは、カニクリームコロッケがメイン!揚げたて、アツアツ、とろっとろ!ご飯は日比さんちで栽培したお米を使っています。

 

お蕎麦はニシンそば。2種類のおばんざいがついています。

地元、由良オリーブを育てる会の宮津由良オリーブオイルが、ちっちゃなビーカーに入って出てきました。もしかして、入っているだけ使い放題!?

サラダのほかに、ナ・ニ・ニ・かけようか…ナ???

 

駅カフェといえば「ちょいのみコーナー」。もちろんあります。キッチンの横に案内もあり、「ちょっと一杯」と立ち寄ることもできちゃいます。

手づくり大好き女子の、丹後ちりめんチャームストラップ

「いってらっしゃい、今日も病院?」と介護へいく女性に声をかける日比さん。「私も介護離職みたいなものだから。」と、優しい眼差しでお見送り。駅から降りてくる人には「あ、おかえり~!」と、元気な声が響きます。

カフェにはお土産コーナーもあります。ポストカードや丹後ちりめんのアクセサリー、ストラップなどの小物。丹後ちりめんのチャームストラップは、「手づくり大好き」地元女子の作品。せっかくだから、地元の人たちが利用する駅カフェで見て楽しんでもらおう、と置き始められました。今では、新作ゲットを楽しみに駅カフェを訪れる人もあるとか。

 

オープンから約1年、地元だけでなく、遠くからも焼きたてパンやスイーツを食べにきてくれるようです。

「おいしいね。」と笑顔があふれ、ほっとできる憩いの拠点として、しっかり定着しつつあります。

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6260071 京都府宮津市由良2048-2 丹後由良駅舎内
TEL:090-1484-7816
営業時間11:00〜17:00
日比 道栄(ひび みちえ)
日比 道栄(ひび みちえ)

ちーびず推進員メモ

個々のちーびずのプロモーション支援(広報、PR、販売促進等)などございましたら、ぜひお声がけください!
池田峰子
by
高齢者の居場所や、子どもたちの遊び場作りの実績を活かした支援をしています。