>>
2019年01月24日 | 未分類
丹後ちりめん地元の女子グループ「コ・クチュール」~上質シルクの普段着で子育てを楽しみませんか
この記事に登場するちーびずさん
山添 千種さん(Co-Couture(コ・クチュール))
山添 千種さん(Co-Couture(コ・クチュール))「京都」だから、と東京から与謝野町岩滝にお嫁にきてビックリ!したけど、とっても暮らしやすいまち。丹後ちりめんの地元で、安心感のあるシルクを子どものために使いたい、との要望を受けて、ママグループで洋裁教室をスタート。今後は販売で地場産業の振興にも力を入れたいと仲間と奮闘中!

まずは自分たちが身につけて普段使いで良さを知ろう!

丹後ちりめんの地元、与謝野町。機(はた)織りのお家に東京からお嫁にきた山添さん。「織屋に嫁いだけど、周りをみるといつも材料だけで、製品は出荷して手もとにないし、誰も自分たちで作ったシルクを身につけていないことに気づいたんです。丹後ちりめんの産地と言っても、織屋でなければ織り機を見る機会もないですし。」

良いものを作っても、着物を着る習慣が時代とともになくなっていく。高級品だから日々の暮らしには縁遠い、と思っている間に、産業が衰退し丹後ちりめんが無くなっていくのではないか。「だったら自分たちで着てみようと、思いたったんです!」

ちなみに、山添さんが着ていらっしゃるのは、シルクの上着。これは高級ハレの日用。ちょっと羽織っていただきました。

そして、普段使いシルクの洋服を作るべく、織屋で眠っている布やB品のものを安くわけてもらい、子どもとミシンを持ち寄って洋服作りがスタート。そのうちに地域の集会所にミシンを2台置いて、普段使いができる、ママと我が子の洋服を作りの居場所を兼ねた洋裁教室になりました。

子どものためにも、ママのためにもホッと息ぬきタイム

コ・クチュールは2015年6月に設立。地域産業のシルクで洋服づくりをしながら、子育て中のママたちや女性たちの居場所づくりをしている、元気&オシャレ女子!の集まりです。「他の地域からお嫁にきた女性たちが、ホッとできておしゃべりしながら集える場所って、少なかったんですよ。」と代表の山添さん。「ちょっとお茶しに出かけてくる、って言うと角がたつ。でも、子どもたちの洋服作りにいってくるわ、と言えるので出かけやすくなった、とメンバーのママさんからも聞きますし、私も、話相手ができて良かったと思っています」と話すメンバーの片山夕希さんも、他府県からの移住組。

すやすや~「100%シルクのおくるみ」

気持ちよさそうに寝入っています。布も中身もぜーんぶシルクの真綿布団。

お話を伺っている間も、すやすや~すやすや~・・・気持ち良さそ~、うらやましい~

滋賀県の近江から角真綿を取寄せて、みんなで引き延ばしてから布団の中に入れています。1つのシートで親指くらいの大きさのお蚕さん1つほど。「最初はこわごわ伸ばしていたのですが、やっているうちにパッパとできるようになりました!」と、楽しそう!私もやってみたい!

シルクのおくるみは、子どもたちもスリスリして手放さないほどの人気者です!!

 

「国産シルクの赤ちゃんの肌着セット」も販売しています

なんといっても丹後地域の絹織物。天然繊維「絹」のタンパク質は保湿性、吸水性にすぐれています。扱いづらいと言われる一方、シルクの機能性の高さや、生産者の顔が見える安心感などから、特に小さい子を持つママからも、我が子にシルクを着せたい、という声も上がっていました。

そこで、デザインから型紙を作る 経験豊富なパタンナーさんに来てもらって、洋裁、シルクの扱い方を学び、母親自ら子どものためにシルクの洋服などを制作。それぞれがモニターとなって実体験しながら、メンバーで意見交換や検証を重ねて、「赤ちゃんの肌着セット」を完成させました。ズボンのゴムが、かわいい~。肌着セットが1万2千円、おくるみは2万円。

現在、コ・クチュールの商品が購入できるのはネットショップと、京丹後市峰山のみつばちカフェ、とのことです。

 

普段のお洋服もシルクで

「パタンナーの先生にも来てもらって、パターンからオリジナル洋服ができるのが、うちの強みなんです。」と山添さん。この日着ていらっしゃった自作の洋服は、渋いブラウンにシルクの艶が動きにあわせて、しなやかに光る「原木染」の洋服。「原木染」とは、近年新しく開発された、与謝野町の間伐材を使った染色方法だそうです。

 

触れてみると、柔らかくしなやか。さすがシルク!

身にまとってみると、絹が呼吸しているような、そんな空気感がいいそうです。

シルクは布に触れた時の柔らかさや使っているときの人と布との間の空気感がよく、心地がいい。使っていくうちに風合いと心地よさが変わるのは、自然素材の絹だからこそ。着物のイメージがあるシルク。普段づかいの洋服もクリーニングに出さなければ!と思っていましたが、なんと洗濯機で洗てしまうこともあるそうです。ただし、ネットに入れてから。「何度も洗っているうちに艶はなくなるけど、くたっとして使いやすくなるんです。」と山添さん。

SONY DSC

ママも元気、地域も元気、機織りの音が響くまちへ

最新式のロックミシンも完備され、子ども服にパジャマにおくるみに、と作るものが拡がり、オーダーも入るようになりました。「既製品を大量に作るのは難しいかもしれないけど、オーダーメイドでならできると思います。」と。2歳くらいのママが多いので、働きにいくのも都合がつきずらいのが現状。もう少し販売を伸ばしたいとの構想も持ちつつ、「だけど、ママたちの居場所サロンとしての役割も重要ですしね」と、みんながハッピーになれる方向を探りつつ、着実に一歩ずつ前へと進まれています。

当初メンバーは小さな子供を持つママが主でしたが、次第に、子育てを終えた世代の参加も増えてきて、みんなで手を動かしながら作品を作ったり、販売したりすることで、世代を超えた子育ての知識も共有されているようです。

織り機の「カシャン、カシャン」の音が響くまち。「まだあったのね。懐かしい。」という思い出の音だけではなく、未来の新しい音を織りなしていけるように、とちーびずも応援しています!

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6292263 京都府与謝野町 弓木493
TEL:077-246-2031
Mail:info@co-couture.net
山添 千種
山添 千種

ちーびず推進員メモ

個々のちーびずのプロモーション支援(広報、PR、販売促進等)などございましたら、ぜひお声がけください!
池田峰子
by
高齢者の居場所や、子どもたちの遊び場作りの実績を活かした支援をしています。