>>
「丹波黒いり豆」をポリポリ。京都丹波の新鮮野菜、乾燥やパウダーで介護食もおいしく。
この記事に登場するちーびずさん
塩貝 孝司さん(京都丹波黒豆工房)
塩貝 孝司さん(京都丹波黒豆工房)南丹市日吉町で、誠実に、地域と連携をして地域の伝統野菜を中心に農業、さらにそれらを使った加工品を製造されています。地域ブランドの発信と共に、地産地消や新規就農者の仕事作りにと頑張っておられます。

京都丹波地域では、ただいま、どこも収穫の秋の真っ只中!

南丹市日吉町の加工所では、地元女子チームが根気のいる栗むきの作業中です。

栗むきの機械もお持ちですが、やはり手作業にはかないません。手間暇はいりますが、京都丹波の栗といえば、全国的に有名なブランド。仕事も丁寧です。

みてください!この立派な栗!!地域の仲間で栽培されている栗です。

そして本題へ。

ぼちぼち黒豆の季節ですね。

京都府庁女子のちーびず応援チームで、仕事でイライラしたときや、子どもたちへのカルシウム補給に最適とセレクトされて、「京都ちーびずプラザ」の販売イベントでも、食べ出したら止まらないとリピーターが多い「丹波黒いり豆」。製造元の京都丹波黒豆工房にお出かけして、塩貝孝司さんにお話をお伺いしました。

特徴は、とにかく大粒!香ばしく良い塩加減なので、このままポリポリは無限です。いり豆といえども、丹波の黒豆ですよ!!保存だってきくし、何と言っても高級品。もちろん添加物のない素朴ないり豆です。

とは言え、ちょっと歯が心配という方もいらっしゃるでしょう。そんなときには、一手間かけて黒豆ごはん。先輩の竹嶋ちーびず推進員に教えてもらいました。

「炊飯器でお米炊くときに、一緒に炒り豆をそのまま入れておけば、黒豆ごはんになるよ」と。

「丹波黒いり豆」でつくる、黒豆ごはん

で、やってみたら。。。すごい、びっくり!本当に美味しい黒豆ごはんが炊きあがりました。

さっそく、京都ちーびずプラザでの販売時に、黒豆ごはんのレシピを作って商品横に置いたところ、これが飛ぶように売れたので、塩貝さんにもご報告してレシピをお渡ししていたところ、「このレシピ、うちでも活用させてもらってるんです。お客さんにもすごく好評で、喜んでもらっていますよ」と、塩貝さんの奥さんからも言われて感激。

よかった、作ってよかったです、お役に立ちました(涙)。

この工房は私の自宅から5分くらいのところですが、いつもは作業中のため、あわただしく製品の受け渡しと、一言二言の会話程度です。今日はちょっと時間を取ってもらったので、あとで、黒豆の畑も見学させもらいます。楽しみ!

なんといっても、「丹波の黒豆」

「丹波黒いり豆」の人気の秘密は、京都丹波、中でも南丹市日吉町でとれた黒豆だけを使って製品にされているということ。黒豆の栽培は本当に手間がかかり大変です。その上さらに、地元産、と言うかここの地域産100%って、感動です!

「丹波と言えば、大きくは、兵庫県と京都府の丹波地域一帯のことやけど、黒豆の質はやっぱり日吉町ですわ。私の祖父の代から、ここで黒豆を作っていて『丹波の黒豆』と、その時から言うたもんですから」と塩貝さん。兵庫県よりも京都丹波の方が夜の冷え込みが強く、昼夜の寒暖差が大きくなることで、豆の実がしまってくるのだとか。

兵庫県の丹波篠山は栽培面積が広く収穫量が多いためたくさん市場に出回って、中にはもう少し買い求めやすい価格のものもあるようですが、歴史的には京都丹波が黒豆の発祥の地とされているとのこと。京都錦市場でも古くから黒豆といえば京都丹波のものと決まっていたと聞くと、京の都の食を支えていたんだなぁと、私も地元として誇らしい気持ちになります。

「だけど今年は暑かったでしょ、受粉がうまくいかんで、ちょっと実のつきは悪いなあ」そう言いながら、工房から一番近くの畑に案内していただきました。

いえいえ!!立派な枝豆!生でも食べられる甘みでびっくりしました!!

最近では、初秋のまだビールが美味しい季節から秋祭りのシーズンにかけて、「黒豆の枝豆」として、黒豆になる前の若い黒大豆を収穫して販売されることも多いですが、ここでは全て昔ながらのお正月に向けた「黒豆」として熟してから収穫。

地域で7軒ほどの農家さんが生産される黒豆も併せて、一手に加工されています。信頼のおける地域の仲間が愛情をかけて作る黒豆。加工も愛情たっぷりもちろん丁寧です。

常に新商品の開発!

ところで塩貝さん、京都府内でも知る人ぞ知る、食品乾燥のパイオニア。

今では、ちーびずでも丹後地域などの乾燥野菜を紹介していますが、塩貝さんも5年以上も前から食品乾燥機を導入され、旬が短い京都丹波のおいしい野菜を、広く流通させてたくさんの人たちに味わってもらいたいと、いろいろと試し、製品化を数多くされてきました。ちーびずとのお付き合いも長い!

今の旬の乾燥野菜は?

大きな箱に入っているのは、

「かぼちゃと、小松菜の乾燥の製品化の試作中で。。。」

かぼちゃは細切りにすると、とっても早くムラなく乾燥するんだそうです。小松菜は、粉末にするのではなく、葉の形が見えるこのままで製品にする事で、用途が広くなるそうです。

食べてみると、かぼちゃも甘くて、このままでもいけそう。かぼちゃって栄養価が高いけど、堅くて包丁がささったまま取れなくなった経験とかもよく聞きます。乾燥かぼちゃの細切りなら保存もきくし、料理も簡単、火の通りも早いですね。小松菜も、このままお味噌汁に入れて。。。というイメージで使えるらしく、主婦としては、期待大です!

さらに、次々に出てきました。日吉町で栽培される京野菜壬生(みぶ)菜のパウダー、色も鮮やか、生のままの色、緑!。

「パウダーは、主に業務用に作ってます。カステラやクッキーに練りこんで使うと風味も色も良いので、地域のお菓子屋さんによく使ってもらっています。黒豆きな粉、緑大豆のきなこは秋の大定番です。」と。ビニール袋を置いてもらっただけでも香ばしさがただよってきて、このままなめたらおいしいやろな、と、生つばゴクリ。

丹波地域のお菓子屋さんだけでなく、大阪のお店では、黒豆きな粉を生地に練りこんだ「黒豆うどん」を売りにした行列ができる人気店もあるとか。

「あとは、介護食ですね」

え?介護食ですか?

「高齢者施設や病院の、流動食やチューブでの食事も、味や匂いに刺激を受けるそうで、この地域産の野菜パウダーを入れ込んで栄養を摂ってもらったところ意識が戻った、と報告されたこともあるんですよ。そういう介護食的なものにも、もっともっと使って欲しいですね」

なるほど、これからもどんどん需要が増えそう。地域の無農薬野菜は安心ですね。

新規就農者との連携

「今、新規就農される人の割合はIターンの人がとても多いので、そういう人たちの仕事に貢献できればと思ってます」と塩貝さん。

新しく農業をしようと頑張る方は、やはり安心・安全という事を大事にされる方が多いです。手間のかかる農業をしても、大量に作られた野菜に値段ではかないませんが、こうして安心が求められるところへ野菜を加工して流通させるなどの方向もあるのだな、と感動しました。

手間のかかる仕事には、地域の女子たちの力も非常に大きくて、ますます重要。

新たな挑戦を続けながら「京都丹波ブランド」の活発化だけではなく、地域の昔からの繋がりを大事に、地産地消にも力を注がれる塩貝さん、応援します!

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6290311 南丹市日吉町胡麻北垣内20
TEL:0771-74-0557
FAX:0771-74-0557
塩貝 孝司
塩貝 孝司

関連ちーびず製品

ちーびず推進員メモ

渡辺 典子
by
三児の母ちゃん並びにフリーのデザイナーをしています。お話をたくさん伺って、その地域や人の「思い」を「見える形」「伝わる物」に変換していくことを生業としています。推進員活動では、ちーびずのPR・広報をがんばります!

コラボ推進員

竹嶋貴代美
亀岡に生まれ育ち、美山に嫁いで三十余年。家業(電気・水道工事店)の傍ら、婦人会・PTA・自治会・商工会女性部などで地域活動に参画。現在は『老活サポート』もおこなっています。 『森の京都』地域を中心にちーびず活動をお手伝いします。