>>
2018年05月02日 | ちーびず ちーびず感想記
3のつく日は「夕焼けマーケット」in福知山市三和町
この記事に登場するちーびずさん
三﨑 要さん(丹波みわ活性化協議会)
三﨑 要さん(丹波みわ活性化協議会)丹波地域一帯の農作物を集めて販売できれば、と夢を語られる三﨑さん。ご自身も農家さんです。

高かったですねえ、冬野菜!

今冬の野菜の高騰は家計にも大打撃でした。

ご近所でもらった白菜や大根が冷蔵庫に入りきらず廊下に転がっている

という状況が毎冬の日常の光景だった我が家ですが、

さすがに今シーズンは、どちらも不作だったようでスーパーの野菜売り場で値段とにらめっこの毎日でした。

さて、郊外では朝市など、あちこちで開催していますが、地元の新鮮野菜を安く買える直売所は嬉しいですよね!

今回取材させていただいたのは、福知山市三和町の「夕焼けマーケット」。

国道沿いの街並みは、整っていて「まちなか」という感じです。

市役所や農協、コンビニに並ぶ感じで、「商工会」と「農業振興会館」が入った建物があり、

冬場はこの1階ロビーで「夕焼けマーケット」が開催されています。  

この日は京都ちーびず応援カフェの着物体験を、2階で開催したため、大変華やかなお客様が多いです!

「夕焼けマーケット」

その名の通り、夕焼け時に朝市ならぬ、夕市(?)です。なんだか珍しいですね。

夕焼けマーケットを運営されている「丹波みわ活性化協議会」代表の三崎要さんです。

きっと何かねらいがあるはず!どうして夕方なんでしょう?

3がつく日という設定にすると、開催日が平日だったり、土日だったりしますし。

てか、なんで「3」なんだろう。。。?

もう、疑問が湧き始めたら止まりません。

早速、お伺いしてみました!

開催は冬場は14時ごろ~17時ごろ。それ以外は15時ごろ~18時ごろまでだそうです。

ターゲット層は、地元の主婦。仕事帰りに新鮮な野菜が安く買える事から、この開催時間は大成功だったとおっしゃいます。だから、曜日にこだわらず、覚えやすい「3」のつく日。

ちなみに、平日と土日だったら、平日の売れ行きの方が断然良いそうです。

ターゲットを絞った戦法!そして狙い通りの展開が素晴らしいですね!

販売品目は、主婦が一番嬉しい野菜!

そして加工品や、丹波が誇る大納言小豆や大豆、など。

取材時の人気商品は、いちご!!。残念ながら、写真撮影している間に、いちごも青物も完売でした。

毎月「3」のつく、3日、13日、23日が開催日

地元三和町でお豆腐やさんをされている、京都府商工会女性部会長の松井さんにお伺いしたところ、

三和町だから「3」!  と、即答でした。

三和町の方にはこれ以上覚えやすい数字はないと言う訳ですね。

平成28年11月から始まった夕焼けマーケット。給食センターの跡地活用を考えるために、有志14名で立ち上げられたのが、運営団体の「丹波みわ活性化協議会」の始まり。来年夏の本格的な始動に向けて、現在、試験的な販売をされているという事です。

出品販売は、主に地元の方に自由にしてもらっているそうです。

当番制でなく、その日出店したい方が自由に出せるようにされていますが、毎回コンスタントに4~5人以上のスタッフは確保されてるそうです。

米粉などを売っておられたお母さん3人グループ。お揃いのエプロンがとっても素敵だったんですが、写真はNG!残念!

毎回出店されているわけではないそうですが、

売りたいものがある人と、買いたい人が集まっているからこそ、義務感ではなく、継続しているというお話を伺って、納得です!

特に野菜類はレストランをされている方が大量に購入される事もあり、そんな時はあっという間に商品もなくなってしまいます。

三和町にも新規就農者がたくさんおられます。その方たちが、売りたい時に売りたいものを売る。野菜はやはり、新鮮さが大事です!

夕焼けマーケットでの葉もの野菜の相場は120円くらい。この冬、スーパーでは倍はしてましたよ!なんならお隣さんにも買って帰ってあげよかな?という価格設定。

地元のお年寄りは、自家栽培で余った野菜を「高いと申し訳ない」と70~80円くらいで出されるそうです。でも、そうすると若い新規就農者が価格競争で負けてしまい、食べていけない様になります。原価を割らない金額を設定し、価格の上限と下限をあえて決めることで、出荷してくる人を守る事もされているとか。ちーびずっぽくて、ほっこりするエピソード〜♩

来年の夏に、本格スタート!

それから、いずれは「丹」のつく丹後・中丹・南丹の商品をここでたくさん販売できる様にしたいとの事。

地域を選ばず(ここが重要!)たくさんの方が出店できる事で、地域活性にも繋がります。

また、この取材に伺った直前に、町内でたった一軒だったスーパーが閉店されたそうです。そうなると、「夕焼けマーケット」の重要性もまた違ったものになってくるのかなと感じました。

時候の良い間は屋外のテントで広々と販売をされます!3のつく日は「夕焼けマーケット」!皆さんもぜひ覚えてくださいね!

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6201442 福知山市 三和町千束530
TEL:0773-58-4130
営業時間15:00〜18:00
三﨑 要
三﨑 要
渡辺 典子
by
三児の母ちゃん並びにフリーのデザイナーをしています。お話をたくさん伺って、その地域や人の「思い」を「見える形」「伝わる物」に変換していくことを生業としています。推進員活動では、ちーびずのPR・広報をがんばります!

関連ちーびず製品