>>
2018年03月30日 | コミュニティカフェ
向日市発!新しい「働き方」が注目のおばんざいカフェ~「キッチンつぶまる」
この記事に登場するちーびずさん
代表 栗田 聡子さん(ワーカーズ・コレクティブつぶつぶ)
代表 栗田 聡子さん(ワーカーズ・コレクティブつぶつぶ)食を通して、地域との繋がりを展開する向日市発の女性グループ。メンバー6名の働き方にも注目です!
佐々木 郁子さん(ワーカーズ・コレクティブつぶつぶ)
佐々木 郁子さん(ワーカーズ・コレクティブつぶつぶ)毎月第3月曜の「よりあいキッチン」の他にマルシェ出店、不定期ワークショップ開催など様々な企画を展開中!

向日市物集女町にあるマンションの1階に“手作りおばんざい”の幟が目立つウッド調の可愛いカフェがあります。「キッチンつぶまる」!

約半年前にオープンしたこちらのカフェ、おばんざいの販売の他に日替わりランチや、スィーツが提供され、食材は全て“安心安全(出来るだけ農薬フリー)”なものを使い、化学調味料は入れずに手作りしています。

「特別な料理では無く、“家庭の味”にこだわって手作りしています!」とスタッフの佐々木郁子さん。

この日も野菜中心、優しい味わいで、家でも真似したくなるメニューでした。

 

こちらのカフェ、女性ばかり総勢6名で運営されています。

私たちは今回、この6名のメンバーの方々の『働き方』に注目し、取材させて頂きました!

 

  「ワーカーズ・コレクティブ」て言う言葉、ご存じでしょうか?

一般的な雇用の形態では無く、集まったメンバーが全員で出資し、経営し働く。「働く人の協同組合」という形。又、共同で出資するだけではなくて、お互いの働き方と利益分配のしかたを自分たちで話し合って決めるという進め方です。

 「雇われていると、中々自分の意見が言えない。一緒に仕事をする仲間とは上下関係では無く、対等、同じ立場が良いです。」

と佐々木さん。

今のメンバーとは、「生活クラブ京都エルコープ」の組合員仲間として出会い、交流を続けて来られた中で、一つの想いにたどり着く。

「小さな子供を連れてゆっくり出来る場所、無いよね・・。」

外食(ファミレス等)はあるが、自分達にとってはちょっと味が濃くて。

自分達が納得する味、食材で料理を楽しみたい。そして、『食』を通じて地域の人々と交流してみたい。

それならと、自分たちの手でそんな空間を作ってみよう!と活動を始められました。(2012年~)

その時に付けたグループ名「ワーカーズ・コレクティブつぶつぶ」。一人ひとりは小さな米つぶ。でも、つぶが集まると一膳のごはんになる、との思いから。

 

先ずは、料理教室を始めます。

月に一度、生活クラブのキッチンスペースを使い、組合員さんと料理作り。そこで多くの方々と知り合い、料理の腕も上がりました。(今も継続しています)

ただ、このままでは中々仕事に繋がらない。出来れば、自分たちが作る惣菜を、必要な人が買い求めてくれるようなシステム、場所が有れば・・。

 

その想いがやっと叶ったのは今から半年前の2017年。

向日市物集女町にカフェをopen!店名を「キッチンつぶまる」と命名されました。

ここで惣菜の量り売り(100g100円~)、日替わりランチ(750円)、スィーツをメンバーが持ち回りで作っています。

一見、良くあるようなウッド調の可愛らしい雰囲気のカフェですが、ワーカーズ・コレクティブという働き方同様、スタッフの役割は特徴的。

毎日、メンバーの中で“シェフ担当”“調理補助担当”“接客担当”を持ち回りでこなされています。つまり、全員が“シェフ”。その日の担当シェフは、ランチのメニュー決めから仕入れ、原価計算、全て責任をもって担当されます。

野菜は主に桂や大原野の農家さんを中心に、他の食材は生協などから仕入れておられます。一日3名のメンバーが出勤され、カフェの営業と近所にお弁当の配達までもこなしています。(今の所宅食は向日市内/ご希望の方はお問合せ下さい)家庭料理の優しい味わいと素材の良さが自慢の惣菜が人気で、宅食も高齢者や子育てママさんを中心に少しずつ注文が増えてきているそうですよ!

取材をさせて頂いた日は、スタッフさんが4名。

「明日は、『桂川マルシェ』(近くにある自動車販売店が主催のマルシェ)開催日。いつも出店していて、明日販売予定のお弁当やスィーツの仕込みをしています!」との事です。

日々のランチ営業に宅食、マルシェ参加と活動の範囲が広い!

未だあります。

毎月第3月曜日、カフェ内にて開催されている『よりあいキッチン』。

つぶまるメンバーと参加者10名程で毎月テーマを替えて皆で惣菜作り。出来たおかずは量り売りで購入出来ます。ちなみに2月のよりあいキッチンは“味噌作り”でした。

「これが一番やりたかったんです!!」と代表の栗田聡子さん。

素性が分かる食材を使い、皆でご飯作り。そこでは参加者同士、情報交換し合ったり新しいレシピを教え合ったり、いつも和気藹々です。

食を通して地域作り。今の所女性ばかりですが、出来れば男性にも厨房に立って欲しいそうです。近年、高齢男性の独居が目立つという話を良く聞きます。スーパーの総菜を毎日食べるのも良いですが、やはり一日三食のうち一食分でもキッチンに立って、手作りして見られては如何でしょうか??

「思っていたよりも問合せが多くて、毎月新しいご参加者のお顔も。」

よりあいキッチンは会員制としており、新規のご登録も募集されています。お問い合わせを!

 

「人気のメニューはありますか??」と質問。

「はい!クリームコロッケとおからコロッケは大人気!作り方を教えてと聞いて下さる方もいるほどです!」との事でした。

お近くの方は足繁く通って、作り方のポイント、是非聞いてみて下さい!

 

“お金を稼ぐ”目的で働くのではなく、“きちんと食と向き合い、食を通して地域作りをする”という明確な目的をもって働く。

その働き方、想いをちーびずも応援させて頂きます!

 

この記事のちーびず団体

chii-information
京都府向日市物集女町クヅ子5番地 ハイツグレースメイト1F
TEL:075-924-2900
営業時間11:00〜15:00
定休日: 日曜日 月曜日 祝祭日
Mail:tubutubu.wco@gmail.com
代表 栗田 聡子
代表 栗田 聡子
堤明日香
by
京都府南部、山城地方のちーびずを応援しています!地域の美味しい食材、大切に遺していきたい地域の宝(人)を見つけ出すことが得意です。ちーたびやマルシェの実践回数、情報も豊富。山城地方でちーびずにチャレンジしてみようかな、と言う方、是非一緒に盛り上げて行きましょう!
山城ごはん、ホームページはこちら:https://shop.yamashiro-gohan.com