>>
京都・福知山
30人のワンダービレッジ「棚田の毛原」が動き出す!
この記事に登場するちーびずさん
水口 一也さん(毛原の棚田ワンタービレッジプロジェクト)
水口 一也さん(毛原の棚田ワンタービレッジプロジェクト)お話がとてもわかりやすく、1000年続く里づくりの構想が、聞いている私たちにも非常によく伝わってきました!理知的なリーダー!

 

毛原(けはら)

古くは、「けわら」と読まれていた、丹後と丹波の堺にある小さな集落。

奈良・平安~中世、都と宮津を結ぶ主要な「不甲道(ふこうみち)」が

毛原を通っていたと言う。

この、千年の古道が通っていた棚田は、日本の棚田百選にも選ばれており、

地域にはおよそ600枚の田が、美しい棚田を織りなしている。

12世帯30名の小さな集落。千年の歴史に重きを置き。。。。

違うんです!この毛原がどんなに素晴らしいか!

もちろん、住民の皆さんは、この歴史に誇りをお持ちですが、

それだけではないんです!!

 

1000年続く毛原の里づくり

未来に向かって壮大です!!すでに、その取り組みは20年前から始まっていました。

そして、お話を聞いてびっくり、なんか新しい!

クラウドファンディングで資金をあつめ、なんと加工所と

新しい毛原のランドマークとして水車小屋を建設!

Facebookを活用した、広報!

地域通貨、けーらの発行をされたり

 

棚田の維持継続のために、棚田オーナーの募集をされていたり

棚田体感ツアーには、なんと田植え体験で150人も参加されたんだとか!

30人の集落で、皆さんが自分の事として取り組まれている一体感が伺えます。

そんな毛原が、1000年の継続に向け、ちーびずで地域特産をつくり新たな産業を興したいと決意されたことから、京都府主催の「ちーびず応援カフェin毛原」を開催!

30人中12人が参加って、スゴっ!

 

0歳から100歳まで!

「移住者を増やすため、地域雇用を生み出したい!」と、毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクトの代表、水口さん。

最近は、赤ちゃんが生まれ、100歳の方も移住をされてきたとか!

幅広い広がり。勢いがあります。

 

試作品、あれやこれや 試食!

テンションが一気にあがります!!

こちらに並んでいるのは

・黒豆の粕漬け(かつて昭和の頃の毛原女子グループによる開発商品の復刻商品)

・栗の甘露煮

・梅の甘露煮

・きのこ三昧

地元の栗や梅を使って女子らが奮闘。

ご飯ください!と手をあげたくなる衝動を抑えつつ、どれも本当に美味しくいただきました!

商品としてはまだこれからという段階だそうで、パックしてからの時間経過による味の変化を追跡されたり、パッケージに工夫が必要だったり。

 

これからは、動画!

府庁の地域力ビジネス推進会議の委員長をされている(株)カスタネットの植木社長から

「惜しい!。住民総出のパンフまで作られているのに、毛原がどこにあるのか、どこからどうやって行くのか、わからないし、みなさんのせっかくの動きも伝わってない。ぜひ、手軽な動画を活用して、タイムリーな情報や思いをしっかり発信して欲しい」

ということで、今日の応援カフェは「動画セミナー」付き。

 

植木社長の会社では、動画を毎日(営業日)配信し続け、ファンを増やしているそうです!

当初、顔出しは嫌だしクレーム来たらどうするのんと、総意で反対された社員さんに、

「だからこそ、誰もやってない事をする会社というのに価値がついてくる」と説得(強行?)されたとか。

甲斐あって、なんと、応援カフェの前日に、300日連続公開の記念日をお迎えになったそうです!

 

地域ブランディングに素人動画?!

(株)カスタネットの動画はどれも短くて素朴。

例えば植木社長の出身地、宮津市由良地域のみかん。作っている人自身がみかんをPRする動画をアップしたら、地域のファンが増えました。動画は上手に作らず、ありのままが一生懸命さも伝わって効果的とのこと。

地域の人の顔が見えると、視聴者から親近感を持ってもらえて、大きなメリットになります。

毛原の女子たちも、興味津々。その場で簡単アプリを使った動画編集の実演もありました。

 

主力商品の候補は「黒豆の粕漬け」

毛原のカフェで作られた、栗の甘露煮が添えられたシフォンケーキでティータイム。

意見交換会では、3つのグループに分かれ、毛原の効果的なPR方法や、開発中の商品のパッケージや味に到るまで、たくさんの意見が活発に飛び交いました。

特に、どのグループでも話題に上った、黒豆の粕漬け。とても珍しいし、昭和女子グループが作られていた商品の復刻に、力も入ります。

ふわっと、口の中で酒粕の風味が優しく広がる。思いの外甘すぎないので昔は日本酒のおつまみに、ごはんのお供にと食卓に上っていたのだそうです。

 

毛原の人たちが素敵!

毛原で生まれたばかりの0歳の赤ちゃんから移住してこられたばかりの100歳のおじいちゃんまで。

30人の小さな集落ですが、水車小屋のある棚田の景観、ピザ窯体験やブルーベリー農園、結婚式ができるレストランもあって、とても魅力的です。

そして何より、本日の応援カフェに、住民の1/3以上が集まられたことが素敵で、みなさんの懸命さも素敵。

さらに、いろんなお話を伺って100人分以上のパワーを感じ、毛原って素敵だなぁと、改めて実感しました。

これからの動画PRもとても楽しみです。

早速にFacebookでお友達にもなりました。

皆様にもオススメします!

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6200322 京都府福知山市大江町毛原305-2
TEL:090-1487-8568
水口 一也
水口 一也

ちーびず推進員メモ

この取材の後、黒豆の粕漬けは正式に商品化を決定され、JAの彩菜館にて販売が開始される見込みだそうです!記事のようなちーびず創出、商品化に向けて、応援カフェを開いてほしい!などあればぜひお声がけください!
渡辺 典子
by
三児の母ちゃん並びにフリーのデザイナーをしています。お話をたくさん伺って、その地域や人の「思い」を「見える形」「伝わる物」に変換していくことを生業としています。推進員活動では、ちーびずのPR・広報をがんばります!