>>
2017年07月19日 | ちーびず製品 未分類
モダン、かわいい、、、だけじゃない! ピアスにこもる、未来への熱き想い
この記事に登場するちーびずさん
向井 秋さん(NPO法人Salutサリュ)
向井 秋さん(NPO法人Salutサリュ)サリュ職員、「つまみ細工」担当。女心を掴むサリュプロダクトのデザイン担当。生粋のおしゃれさん。
後藤 麻優子さん(NPO法人Salutサリュ)
後藤 麻優子さん(NPO法人Salutサリュ)臨床心理士として事業所の利用者さんを心身ともに支えるサリュ職員。ものづくりは「七宝」担当。

「なんか、イイ感じ!」、これは一体どこから!?

友人の耳元で、さりげなく光るピアス。一度見たら忘れられない、エッジの効いたデザインと上品さ。私の目を釘付けにした、NPO法人 Salutが運営する「サリュ」のアクセサリーたち。

モダンでポップ、かわいい!でも、それだけじゃない。どこか落ち着いた「オーラ」は一体どこから?ワクワクを胸に、いざサリュさんのお店へ!

DSC00783

とっても素敵な町家ショップには、センスのいい小物が所狭しと。もはや宝探しの気分です。

DSC00773

発見いたしました!これです!私が一目惚れした「Sippo(七宝焼き)」のピアス。Sippoシリーズで着物の帯留めもあるとは・・・三分式着物のドリッコkimonoにも合いそう。

DSC00774

「福祉だから」ではなく、普通に「いいな!」と手にしてほしい。

サリュ立ち上げのきっかけは「男性のいる空間や、男性が苦手な女性たちに安心できる場所を」と作られた『女性の集い』が先駆けとなり、共同作業所を経て2006年からNPO法人化されました。

後藤さん:「福祉だから」買ってもらうのではなく、普通に「いいな」と買ってもらえる商品づくりを目指して、企画からデザイン、商品化まで全て自分たちの手でやっています。

DSC00790

主体的ものづくりで、十数年

どうしたらいい商品ができるのか、お客様に手に取っていただける商品ができるのか、日々、試行錯誤を続けて、現在の商品や販売スタイルができました。ソーシャルビジネスプランコンペに出場するなど、「主体的なものづくり」を続けること十数年。

淡々と語られるお二人ですが、その手腕、センス、そして精神力はさすがです!やっぱり「主体性」あってこそ持続可能なんですねー。

DSC00779

驚愕のつまみ細工!たった1.5センチの布をピンセットで!

私、人生で初めて見ました。てっきり指先でやるのかと思ってました。でも一番小さいものは1.5センチ角の正絹の布ですから、指先では到底無理。ピンセットでつまんで爪楊枝でポンドをつけるなんて、驚愕です!

DSC00758

正絹は京都の職人さんに染めてもらったもの。地元のもの、自分たちにしかできないオリジナリティを追求した商品づくりのこだわりがここに。

DSC00760

これです、これ!ピンセットでつまむ作業。シャッターチャンスなんですが、細かすぎて、もはや手元が見えません。「神は細部に宿る」とは、まさにこのこと。

DSC00761

正絹をつまんで作った花びらの一つ一つを土台にのせ、最後にビーズボールを配置。このビーズボールも一つ一つ手づくりしています。O型末っ子の私には到底できない作業、脱帽です。(注:O型末っ子の人全員が大雑把なわけではありません個体差があります)

DSC00771

「これだ!この空気感」

ピンときました。実際に利用者さんたちがお仕事されている工房に入った時です。空気感がクリアで、凛としている。それでいて、あたたかい。私が「サリュ」の商品に感じたものは、まさにこれ、この空気感!

ミシン(サリュ)

みなさん静かに、黙々と、淡々と作業されています。ポーチやバッグ類の「nui-mono」シリーズは1ミリを争う緻密な手仕事。そこに真摯に向き合う姿の美しさ、凜とした佇まいはそのまま商品へと昇華されていたんですね。

umimono

女性だれもがいきいきと生きていける社会へ

後藤さん:「自分に自信がない、自分なんかいない方がいい、そんな思いを抱えている女性がサリュに来て人と交流したり、お仕事を通して達成感を味わうことで、今の自分に『OK』を出せるようになる。それが自信となって先の希望につながっていく。」

病気のあるなしに関わらず、女性だれもが、自信をもっていきいきと生きれる社会にしたい。そんなサリュさんの想いは、同じ女性である私の想いでもあります。

未来への願いがこもったピアスを身につけて、私も、この京都で共にがんばります!

 

 

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6028155 京都市上京区 千本丸太町下ル主税町1172
TEL:075-812-2132
FAX:075-812-2132
向井 秋
向井 秋
岡田真実
by
石川で生まれ育ち、大学から京都へ。身体に優しいおいしいもの、お酒、祭りを求めてどこまでも。オーガニックな地域循環、コミュニティに興味あり。お産を機に、友人たちと畑と田んぼを始めました。時々マルシェも開催してます。
NPO法人場とつながりラボ home's vi スタッフ:https://www.homes-vi.org/