>>
2017年01月05日 | ちーびず
綾部を綾なす人々~AYAAYA~
この記事に登場するちーびずさん
井関 悟さん(76.3FM/FMいかる)
井関 悟さん(76.3FM/FMいかる)株式会社エフエムあやべ代表取締役社長。綾部市と協力体制で地元に密着したコミュニティエフエム局を運営されている。
真下 加奈子さん(76.3FM/FMいかる)
真下 加奈子さん(76.3FM/FMいかる)開局18年エフエム綾部でパーソナリティとしても制作としても活動されている真下さん。元気いっぱい、笑顔いっぱいで地域の人と人をつなぎます。

dsc_2010

綾部市のコミュニティFM局、FMいかるの愛称で知られる株式会社エフエムあやべさん。

ちーびず推進員として、地域の活動の紹介にゲスト出演させていただいた時に、月に一度の市民パーソナリティ新たに募集というお話を聞きまして、すぐに飛びつきました。

地域力ビジネス課・長友課長が度々口にされるように、近隣のまち同士の人がお互いに訪れあうことでお互いがお客さんとなり、地域の経済を回していくことができる、そのためには情報が必要です。

どこでいつどんなイベントがあるのか、

どこの地域でどんな産物があり、いつくらいが食べごろなのか、

季節の風物詩、桜のきれいな場所、紅葉の景勝地、

などなど、となりのまち同士でも知らないことがたくさんあります。

元々私はFMまいづる研究会メンバーとして、今年の4月に開局しましたFMまいづるの立ち上げまでのお手伝いをしてました。

%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e6%94%bf%e7%ad%96%e8%a9%95%e4%be%a1%e4%bc%9a

それも、災害時にFM局からの情報が必要ということもありますが、普段は舞鶴でどんなイベントがあるかなどの情報を広く知ってもらうツールの一つとして、地域に根差したコミュニティ局が必要だと思ったからです。

ですが、一つのまちの中だけではダメなんだ、近隣のまち同士が交流するにはお互いのまちの情報を知り合わないと、という思いを持つようになり、福知山のエフエム丹波さんにもちーびず推進員として出演させていただいたり、そして10月からエフエムあやべさんでパーソナリティとして第2土曜日11時からの30分番組を担当させていただくとこになりました。

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%84%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%a7

エフエムあやべさんは

「市民が参加し集う放送、市民に必要とされる放送を通じて、地域へ貢献し、放送人としての誇りと幸福を達成できるよう全力をつくす」

という経営理念のもと、積極的に市民イベントに参加、みずからイベント主催なども行い、地元の人と絶えず触れ合う機会を多くもたれています。

また、災害時の情報収集に活用しようと2016年7月に綾部市と協定を締結し、小型無人機「ドローン」を使って市消防本部からの依頼で水害や地震などの被害状況を動画撮影を行い、対応に役立てます。

綾部市とがっつりとタッグを組んで、綾部のまちの活性化、災害時の情報収集、発信など地域になくてはならないコミュニティ放送局です。

社長の井関さんは、撮影道具を肩にかついで地元のお祭りに取材に来られるフットワークの軽い方ですが、常に情報収集、発信に自らアンテナを何本も立ててらっしゃるようにお見受けします。

dsc_1996

私が市民パーソナリティとして一番身近にお世話になるのは、制作の真下加奈子さん。

真下さんもフットワーク軽く、笑顔が素敵で、私の放送の時には隣で心配そうに、時にはうなずきながら見守ってくださっています。

真下さんは開局してから18年、ずっとエフエムあやべで活躍されていて、はじめはパーソナリティとして、現在は制作の仕事もされています。

真下さんにこの仕事の魅力について伺ったところ、

「市民の人と接することができ、橋渡し役やつながり作りができる

リスナーさんに活動している人を紹介することができる」

また、

「人と接するのが好き、元気をいただける」

と、おっしゃってました。

最近取材に行った先の生活改善グループの高齢の方に、作ってられる白みそ、あずきなどをお歳暮の詰め合わせにしたら喜ばれますねってお伝えしたら、

「もうこの年やしと思ってたけどもっと頑張ってみるわ」

っておっしゃられたことがすごく嬉しかったと、真下さんは顔を輝かせてられました。

本当に仕事にやりがいを持ってイキイキされてるのが伝わってきます。

dsc_2005

 

さて、私の番組も10月の第2土曜日から無事に始まりました。

タイトルは、「綾部を綾なす人々~AYAAYA~」

近隣のまち同士の情報交換にと始めたわけですが、私自身、隣の舞鶴市に住んでいまして綾部のことあまり知らない。

ところが、4月から京都ちーびず推進員として綾部の方にもお会いするようになるにつれ、綾部すごい!って思うことがたくさんありまして、もっともっと綾部を知りたい、という気持ちが強くなってきました。

綾部といえば、Iターンの方の多さ!

あちこちで活躍されてる方にお会いします。

Iターンの方と地元の方が協力されている姿が、縦の糸と横の糸とで布を織りあげるように綾部を彩っているイメージで、まさに中島みゆきさんの曲「糸」。

綾部はかつてどの家でも蚕を飼っていて養蚕のまちだったとお聞きしたのも、イメージに結びついています。

そんな、綾部を綾なしている人々にお会いしてお話を伺いたい!

ちーびずについての説明をして、皆さんにどんどん活用していただきたい!

最後に京都北部のイベントの紹介もしたい!

そんな私のしたい!が詰まった番組が「綾部を綾なす人々~AYAAYA~」

です。

dsc_1999

第一回目のゲストは、Iターンの星、かぶりんこと株正博さんをお招きしました。

かぶりんは、綾部に引っ越して8年とは思えないほど、綾部に精通しています。

私も綾部の和紙の里、黒谷を案内していただいたことがあります。

写真も趣味なかぶりんは、いつの季節にどのあたりで心揺さぶる風景に出会えるかよくご存じです。

綾部のいろんな方とも交友関係あり、生きる綾部ガイドブックのような方です。

_20161006_172038

第2回目のゲストは綾部市観光協会の観光案内されている荻野あゆみさん。

いったん綾部を離れて海外で仕事をされてたのですが、綾部に帰ってこられてから大活躍!

地元を離れると郷愁の念が強くなるのでしょうか。

ちょうど紅葉の季節だったので、紅葉のイベントや見どころについてお話を伺いました。

dsc_2008

第3回目は舞鶴から、音楽イベントといえば、この人!という濱本正史さんをお招きしました。

年末に向けて、舞鶴で毎週のように行われる音楽イベントについて、ご紹介していただきました。

dsc_2560

こんな感じで、綾部の方のお話を伺ったり、他の地域の紹介をさせていただいたりしていければと思っています。

電波の届く範囲の方はぜひお聴きくださいませ。

インターネットでも聞けるそうですので、よろしくお願いします。

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6230016 綾部市西町1丁目65番地
TEL:0773-42-9988
井関 悟
井関 悟

ちーびず推進員メモ

仲井玲子
by
舞鶴にぎやかし隊、赤れんが・明治・大正ろまんドレスちーたび、コミュニティFMまいづる立ち上げなど、舞鶴を中心に交流事業の企画実施や、広報力を活かした活動を行っています。参加して楽しい様々なコラボ婚活も企画します!イベント企画や司会もお任せください!