>>
~食事はあなたをつくるものだから~
宇治発あなたのためのcafe
この記事に登場するちーびずさん
長澤 とよ海さん(カフェ・マリエ)
長澤 とよ海さん(カフェ・マリエ)カフェ・マリエ オーナー ケーキ工房を経てカフェをオープンされました。 野菜や果物などへの愛情が溢れておられます。

この夏は暑かったですね~。いや~暑かった。。。夏バテされていませんか?朝晩が涼しくなってきたので、夏のお疲れに気をつけたいものです。この夏は、暑さにもめげず京都の北から南へ繋がりをつむぎに出かけた、ちーびず推進員、田中です。

夏のお疲れ解消には、美味しいモノを食べて解消したいですね。食欲の秋ですし。。。おいしいモノならやっぱり旬のものや地場野菜が良いですよね。今回は、食事は「あなた」をつくるものだから、大切に届けたい。

そんな思いで、地元の新鮮な野菜をふんだんに使った食事を提供されている カフェ・マリエさんを紹介します。


オーナーの思い

宇治市小倉町 近鉄小倉駅から徒歩3分、JR小倉駅から徒歩10分の位置にあるマンションの1階。

ガラスの扉を開けると迎えてくれるのは、オーナーの思い。

IMG_0030

カフェ・マリエ オーナーの長澤さんは、城陽市でケーキ工房を12年間営まれていました。その間に地元、山城地域の農家さん達と繋がってこられました。

そして更なる飛躍のために2016年3月14日 に「カフェ・マリエ」をグランドオープンされました。コンセプトは、

【You are what you eat 食事はあなたをつくるものだから】

をモットーに安心・安全・美味しいを心掛けて健康志向、体質改善の提案をされています。

061A5314

カフェ・マリエさん 三つの柱

  • 食を通して社会貢献
  • 雇用の創出
  • 事業の継続

地域の農家さんが大事にかわいがって育てて一番良い時、美味しい時・・・旬のものを提供して、農家さんに「美味しい!」を伝えることで農家さんに「頑張ろう!」って元気になってほしい。

アレルギーをお持ちの方やお子さんにも食べる喜びを味わってほしい。

マリエで働くことで、食べる喜びが働く努力になり「ありがとう」と対価になるという働く喜びを知ってほしい。

野菜や果物に興味をもってもらって次の担い手へ繋いでいきたい。何度お話を伺ってもオーナーのぶれない思いを感じます。三つの柱が連動しあって大黒柱になっているように思います。

地場野菜をふんだんに使ったこころとからだのための一皿

7/19(火)に開催された 応援カフェin宇治 カフェ・マリエでのメニューです。

IMG_0065

大きなガラス窓のお洒落な店内はくつろぎのスペースです。

◇サラダ

三種のドレッシング

  • 玉ねぎドレッシング
  • トマト&バジルソースのドレッシング
  • オレンジとホワイトビネガーのドレッシング

◇完熟トマトの冷静スープ

※トマト以外、何にも入れてないそうです!

IMG_0070

◇選べるメイン

ごはんも選べるのです♪ 白米か9分つきの玄米

  • お野菜たっぷり!ひき肉の温玉のせ
    (山城の卵使用)
  • プチトマトとはちみつのマリネ
    私は、こちらを玄米でチョイス♪
IMG_0073
  • 夏野菜のタイカレー
  • プチトマトとはちみつのマリネ

スパイシーだけどココナッツでやさしい感じ(同テーブルになってこちらをチョイスされた方に少しいただきました。)

次はこれを食べようと思います(笑)

IMG_0075

◇デザート

  • 城陽、観音堂の桃のジェラート
  • シフォンケーキ ブルーベリーと生クリーム添え
061A5320

旬のものを使うことや、地場野菜を使ってのメニュー作りは大変なところがありますよね。

でも、長澤オーナーは「あるものを使う!」とおっしゃいます。そして、一番おいしい時期や食べ方をご存知なのが農家さん!農家さんのアドバイスをメニューに活かされています。

目指される地域と連携していく場

  • 知ってもらう場・・・地域の宝を知ってもらう場
  • 食べてもらう場・・・良い素材はウソをつかない、地域にあるものを食べる場
  • 働く場・・・人を使うのではなく、助け合ってマリエで働いてうれしい!という場
  • 話す場・・・仲間とおしゃべりを楽しんだり、食べに来られて方が食材を提供したい申し出があったり・・・

見える喜びが食の場 と長澤オーナーはおっしゃいます。

Meet Vegetables & Fruits in Kyoto

カフェ・マリエ流ちーびずマルシェ「Meet Vegetables & Fruits in Kyoto」は、野菜や果物を愛する消費者と生産者の出会いの場です。

毎回テーマを決めて「食すこと」「知ること」「即売会」を通じて食材の気付かなかった魅力に出会えます。

第一回のテーマは、今が旬の「いちじく」!城陽市は完熟いちじくの産地として知られています。いちじくをこよなく愛する農家さんのお話とオーナーの料理をいただきながら、不老長寿の果物とも呼ばれ、女性に嬉しいいちじくについて深く知ってみませんか。

スケジュールは以下です。

  • ”いちじくバー”は、9月7日(水)18:00~20:00開催!
  • いちじくバー第二回は、9月24日(土)19:00~21:00開催!
  • 秋の食材を紹介するオータムバーは10月14日(金)に予定しております。

この記事のちーびず団体

chii-information
〒6110042 京都府宇治市小倉町天王55−1
TEL:0774-85-1405
営業時間11:00〜22:00
定休日: 火曜日
長澤 とよ海
長澤 とよ海
田中智子
by
たなかさとこです。今年度よりちーびず推進員を務めております。お仕事は、アロマセラピスト。京都市出身宇治市在住。宇治の特産である緑茶とアロマの基本ハーブをオリジナルでブレンドしています。お茶とハーブや精油を京都産や国産にこだわっています。